・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
影踏み 2011/03/08

 ★★

著者:横山秀夫


深夜の稲村家。女は夫に火を放とうとしている。
忍び込みのプロ・真壁修一は侵入した夫婦の寝室で殺意を感じた―。
直後に逮捕された真壁は、二年後、刑務所を出所してすぐ、
稲村家の秘密を調べ始めた。
だが、夫婦は離婚、事件は何も起こっていなかった。
思い過ごしだったのか?
母に焼き殺された弟の無念を重ね、真壁は女の行方を執拗に追った…。



これがデビュー作なら、納得できるかなぁ・・・という程度の作品でした。
横山さんらしい切れがないというか・・・。
「横山秀夫」という名前ではなく、無名作家の作品だとしても、
いまいちに感じたと思います。


私の嫌いな、「探偵役が鋭すぎる」タイプの連作ミステリですが、
それにしても鋭すぎます。
何で真相に気づいたのかわからないレベル(笑


双子の弟が頭の中に住み着いているという設定もよくわからないし、
彼女の件も完結していないし、不満の多い作品でした。
スポンサーサイト
2011年2月の読了本 2011/03/08

2月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:2042ページ

影踏み (祥伝社文庫)影踏み (祥伝社文庫)

読了日:02月28日 著者:横山 秀夫
小暮写眞館 (100周年書き下ろし)小暮写眞館 (100周年書き下ろし)

読了日:02月19日 著者:宮部 みゆき
栄光一途 (幻冬舎文庫)栄光一途 (幻冬舎文庫)

読了日:02月05日 著者:雫井 脩介
プラチナデータプラチナデータ

読了日:02月01日 著者:東野 圭吾

読書メーター







マジかーーーーーーーーーーー




4冊って・・・・・・・・・・・




最近は確かに全然読めていなくて、図書館の返却日も
読み終える前に過ぎてたり、なんてことがありましたが・・・


まさかの5冊未満とは。


たくさん読めばいいってもんではないけど、やっぱり残念!!

ブログも全然更新してないし><
遊動亭円木  2011/02/21

 ★+

著者:辻原登


真打ちを目前に盲となった噺家の円木、金魚池にはまって死んだ、はずが…。
あたりまえの夜昼をひょいとめくると、摩訶不思議な世界が立ち上がる。
粋人のパトロン、昔の女と今の女、わけありの脇役たちも加わって、
うつつと幻、おかしみと残酷さとが交差する、
軽妙で、冷やりと怖い人情噺が十篇。谷崎潤一郎賞受賞の傑作短篇集。













| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。