・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
夏期休暇 2009/08/22

 +  

著者:長野まゆみ


暑い時期に読みたかったのに忘れてた


これはホラーなのでしょうか?
死んだ兄の幻影を見る千波矢が切ないんですが。
この兄の謎が解けてからが、すごくいいです。
(なぜ千波矢以外にも兄が見えていたのかは、謎のまま・・・)

それ以前は、葵の姉の性格の悪さがすごく嫌だな~と思ったり
実際、こういう性格の悪い子どもっているから・・・。


他の作品でも何度か思ったことがあるんですが、BLぽい雰囲気があります。
兄弟愛を超えているような。友情を超えているような。
その、禁忌的な危うさがなんかいいです。

でなければ、こんなに切なくならないし、ゾッとしないと思うのです。


ラストは、えっここで終わりと、ちょっと不満に思いました。
でもよくよく考えると、ゾッとする、いい終わり方だなぁって思いました。
葵は兄の代わりになったのか・・・。
やっぱりホラー?
スポンサーサイト
上海少年 2009/07/13

 +

著者:長野まゆみ


今まで読んだ作品とはちょっとタイプが違いました。
良い意味で、です

そして、ジャンル分けするなら恋愛小説かな

官能的でドキドキしました
特にエッチな表現はないのになんかエッチ(笑

【雪鹿子】と【上海少年】だけちょっと意味がわかりませんでした
独特の雰囲気で読めるんですけど、
他の作家だったら納得できないかも。


最後の【白昼堂々】のオチにはびっくりしてクスッと笑ってしまいましたが、
長野作品はBLぽいという評判を聞いたことを思い出しました。
てことは長野さんをよく読む人にすれば珍しくもないんですかね?


全ての作品、濃厚な雰囲気でとても良かったです
夜啼く鳥は夢を見た 2008/12/27

 


ちょっと不気味若干ホラーテイストかも。
でもホラーという怖さはなく、幻想的できれいなんです

沼に沈みたがる弟は、普通に考えたら気色悪いのに、
全くそんな風に思いません。
ていうか、この沼に行ってみたいとさえ思いました

従兄弟の草一もなんか変。
美少年なのに草一なんて名前がいいわ~(笑

ちなみに弟は頬白鳥(ほおじろ)、兄は紅於(べにお)。
長野まゆみのネーミングのセンス大好き

おばあちゃんの家なのに、おばあちゃん出てこないんですよね。
いや~、奇妙だ(笑


ラストは何か予想していたわけじゃないけど、
ちょっと意外で、だけど納得できるものでした
最後まで奇妙なまま。
だけど草一のことがほんの少しだけ理解できたような気がします。


夏が舞台になっているので、夏になったらもう1度読みたいかも。
大雪で超寒い日に読んだので、雰囲気がちょっと合わなかったな

今の時期に読んでおもしろくないというわけではないけど、
それだけ長野まゆみの描写は本の中の世界を
イメージしやすいってことです













| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。