・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
自白 刑事・土門功太朗 2010/08/04

 ★★

著者:乃南アサ


懐かしい昭和の風景がよみがえる刑事事件簿!
まだ科学捜査も動機なき犯罪もなかった時代、「鬼」と呼ばれた伝説の名刑事がいた。
刑事小説の名手、乃南アサによる新シリーズ開幕



短編集です。
刑事モノ新シリーズということで楽しみにしてたんですが、普通かなぁ
別にこれといった意外性もなく、結構普通に解決しちゃう。
どんでん返しは一切なし。


「自白」ってタイトルもどうだろ
タイトルに合う話は一話目だけのような気がします。


読んで少し経ってしまったので、タイトルと内容が一致しません
なので個々の感想は書けませんが、すべて本当に本当に普通です。
乃南さんの文章だから読めるけど、知らない作家だったら二度と読まないかも。
そんくらい意外性無くあっさり解決する事件ばかりでおもしろみがなさすぎです。
スポンサーサイト
風紋 2009/10/05

  +

著者:乃南アサ


読む順番が違ってしまいましたが、晩鐘の前作にあたるものです。
ちなみに晩鐘より評価高めにつけましたが、
あちらはきっかけとなる事件にモヤモヤしてすっきりしなかったためで、
これより劣っているというわけではないです。


私は続きモノは刊行順に読みたいタイプなので、
晩鐘から読んでしまったことを残念に思っていたのですが、
この作品に限ってはこういう読み方も「アリ」だと思いました。

登場人物たちの七年後を知っているので、より深みを感じられたと思います。
七年後の彼らが常に頭の中にあったので、
それらを考えながら読むのはとても興味深かった。
それに私としては晩鐘がメインという気持ちが強かったので、
この事件、七年前の登場人物たちを知れたことが良かったです。

概ねのストーリーは晩鐘を読んで知っているので、
作者が隠していることもわかっているし、
どう転ぶかもわかっていて最終的にどう決着がつくのかも知っていたけど、
それでつまらないということはありませんでした。
強いて言えばミスリード的なものはいらなかったんじゃという気はしますが、
それは晩鐘を読んでいるせいかもしれません。


まゆこはやっぱりかわいそうでした。
事件に直接関係のない人の心無い言葉や態度が・・・。
どうしてまゆこを責められるのかと、怒りを通り越して悲しくなりました。


そして今回は香織にも同情しちゃいました。
元々お嬢様タイプで好かれる人ではなかったかもしれないけど、
こんな事件が起きなければ良いママでいたのかもしれない。
もちろん育児放棄は最低なことだし、その後の大輔たちを思うと
ぶん殴ってやりたくなるし、まゆこ達への態度も悪かったけど、
でもそれもこの事件が起きなければ・・・と思いました。
そしてこの後の事件、香織がしっかりしていれば防げたのかも・・・。
ウツボカズラの夢 2009/07/19

 +

著者:乃南アサ


乃南さんは好きだけど、嫌いな作品も多いのです
好き、と嫌い、とキッパリ分かれる
ミステリーは今まで読んだ作品ではハズレがないと思う。
でも5年目の魔女とか暗鬼とか、ミステリじゃないのは大嫌い

で、これは大嫌いなほう


最初っから、感情移入できる人がいません。
主人公の未芙由は可哀想な境遇で真面目で、
感情移入してしまいそうなタイプなのに、
なーんか嫌な感じが漂う

尚子おばさんも、明るくて優しくて、いい人なのに
どうしても好きになれない。
未芙由視点で描かれているせいかな。


そんでもって、ストーリー展開が安直すぎです。
不快感を表現するためにわざとわざとらしくしてるのかな、
とも思うけれど・・・安っぽい。


未芙由のことも、最初からなんとなく嫌なやつだと思っていたので、
どんな展開になっても、驚きはありませんでした。

尚子おばさんもね。

読みやすいけど、小説として、おもしろくなかったです。


不快感だけはあるのですが、
嫌なやつ~というより、気持ち悪いやつ・・・
って気持ちでいっぱいなので、本当にただ不快なだけでした。


この小説にはなんの意味もないと思います。
気持ち悪い人たちが出てくるだけの話です。

こういう作風があることも知っていたので、
どうせどんでん返しとかはないんだろうなぁと思いながら読んでいました。
想像通りとはいえ、何もないオチには不満足です。


私、乃南ファンだったのに一時期全く読まなくなったことがあるんですが、
適当に選んだ本が立て続けにこういうタイプの作品だったからです。
(それらはもっと嫌だったけど)
乃南さんの作品は、選ぶときは気をつけないと・・・。


ところで、これ栞(紐の)が2本ついてるんです。
2本使うような何か仕掛けでもあるのかとちょっと期待してしまいました。
でも何もなかったです。
予備ですかね何の意味があるのか、気になります(笑













| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。