・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
墜ちていく僕たち 2010/03/07

 

著者:森博嗣


ある日突然、男が女に、女が男に変わったら…?
神出鬼没の摩訶不思議なインスタント・ラーメンが巻き起こすミステリアスな五つの物語。
生まれてからずっと男でいつづけるのも、
女で一生終わるのも、人間ってけっこう楽じゃない。
性に悩めるあなたも、悩んだことなんて全然ないあなたも、
さあ、そんな綱渡りのような固定観念を捨てて、性差の呪縛ものりこえて、
新しい自由な世界へようこそ。



古本屋で100円だったので、作者買いしてしまいました。
中身も見ずに・・・。
1ページ目を開いていたら、絶対買いませんでした・・・

無理して若者ぽく書いているのがイタい・・・
幸せベストってなんですか・・・。

実は最初の数行でドン引きして、1ページも読まずに挫折し、
今回2度目の挑戦だったりします


そもそも作者買いとはいえ、森さん、あまり好きではないのです。
初めて森作品を読んだS&Mの萌絵、犀川が好きなだけで、
以来、古本屋で安く売ってたりなんかすると、つい買っちゃうの。
もう読むのやめようと何度も思うんですが、100円だと、つい(笑


これははっきり言って「なんとなく」で構成されているような、内容のない本だと思います。
私は森さんのこういうところが好きではないのですが、
本書では更に「なんとなく」詩的にした感じが嫌でした。
もう雑に書き散らしたみたいな。

スポンサーサイト
女王の百年密室 2009/05/30

 +

著者:森博嗣


住人たちが「殺人を認めない」ってのがおもしろそうで買ってみました。
長いのでず~っと放置してましたが
読みやすいので、あまり長さを感じなかったです。
森さんの作品で読みやすいと思ったのはもしかして初めてかも


これは殺人を認めないというより、
そもそも「死」を認めないのです。
蘇った者はないのに、死んだら生き返る、的な発想しかなくて。
女王が治めているというのも、なんか童話っぽくて好きです。


でも精神状態を表すとき、やたらと短い文章で改行してしまうのが
なんか気に入らないのです(笑
この作品に限らず、森さんの心理描写はどうも苦手です。
気取りを感じて結局伝わってきません。
冒頭なんか辟易したもん。


そこがものすごく残念なのですが、
この国の仕組みはおもしろいです。
名前もおもしろいしね
SFだし神を信じてるし、なんでもアリな感じだけど、
結末に不満はないです。

今までに読んだ森作品では一番好きかも。ストーリーは。
今夜はパラシュート博物館へ 2008/07/04

 

今回も、読んでない人にはさっぱりな感想のみ

どちらかが魔女
不思議だけど答えのある話をして、それがなんなのか
みんなで推理するって話。
これは途中でわかった
といっても、諏訪野がある一言を言ってからだけどね
ちょっと無理があるような気がしないでもないけど、
人の記憶なんかあまりアテにならないってことですね。

・・・でも、胸に釘を打たれたキリストの話は

双頭の鷲の旗の下に
この短編の魅力は、国枝先生の旦那さんが出てくるという点のみです。
珍しく感情(しかも照れ)を出す国枝先生もかな

ぶるぶる人形にうってつけの夜
ひどく退屈でした
Vシリーズの小鳥遊が出てくる話なのですが、
最初から最後まで(ネタバレシしても)全然興味が湧きませんでした
S&MシリーズとVシリーズのコラボって感じなので、
両方好きな人にはいいかもしれませんね。

ゲームの国
つまらないのが2つ続いたので、先を読むのをやめたいくらいでしたが、
これは興味を持てる出だしだったので良かったです
でもラストが・・・。なんでこのタイトルなんだろうとは思ってたけど、
事件が起きたのは本当なんでしょ
解決して欲しかった

私の崖はこの夏のアウトライン
これは幻想的で結構好きです
真実ももうちょい詳しく知りたかったけどね。

卒業文集
なんだこれって感じだけど、最後まで読み、
再読すると納得できる
でも再読しないとなんだこれって感じのまま。

恋之坂ナイトグライド
読者を騙したいがために作られたような作品。
騙されて納得ならいいんだけど、納得できない
騙すための表現がうまいならいいけど、これはズルイ
しかもわかりにくくて、2ページ前から読み直してやっとわかった(笑
それに、今時の若者風に描こうとしたんだろうけど、
テレビで見た印象だけで描いちゃって失敗してる感じ

しかも最後までわからないことが。ネタバレ↓
アルバとチュチュって何
チュチュは光るものが好き=カラスと思いきや、渡り鳥っぽい。
・・・今気になって調べてみたら、渡り鳥もいるらしい
外国に行くとまでは書いてなかったけど。
アルバはもうどうでもいいや。多分ハシボソガラスでしょう(笑

多分気にする必要のないことなんだけどね・・・。

素敵な模型屋さん
これも好き
模型ばっかの話だけど、子供の「憧れ」や「夢」を描いているから
模型に興味のない私でも退屈ではありませんでした
もしかして、小さい頃の森さんの夢だったのかな
と少し思ったりもした。


すっごくいいってのはひとつもなかったです













| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。