・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
重力ピエロ 2009/09/18

 

著者:伊坂幸太郎


キツかった
小説じゃなくて雑学本かよってくらい無駄な薀蓄で構成されています。
無駄な薀蓄がなければ半分で済んだのではないでしょうか。

登場人物の会話も気取ったようで鼻につくだけ。意味のない会話ばかり。
作者の俺ってかっこいいだろっていう勘違いだけが伝わってきて痛々しい。

今までは伊坂ワールドを好意的に見ていたけど、
今回はかなりドン引きです。
これまでの評価を無にしてしまうくらい。
もうファンとは言えない。この一作だけで(笑
そのくらい、悪い意味での破壊力がありました。


それから、ミステリとして読んでいたけど、違うんでしょうか。
ほぼ答えがあからさまに散らばっており、伏線も何もない
あまりにもあからさまなので、覆るのだと思って読んでいたら、
そのまま何もなく、「ほぼ答え」がそのままの答えでした。
わざとかと思うくらいあからさまだけど、わざとそうする意味が???


最初っからずっと気になっていたけど、なぜ両親は息子たちに秘密を教えたのか。
秘密ってのは、次男が性犯罪によって作られた子だということ。
堕胎するのも産む決意をするのも、確かに正解はないと思います。
でも、息子にその事実を告げるのは間違いでしょう。
かわいそうすぎる・・・。
作中でも春は恋愛もまともにできないようだし。
なのに、それは余計なことを告げた両親のせいとは書かれていません。

父親も全然反省していないようで・・・。
自分が教えたせいで息子が犯罪を犯しているのに・・・

こんな父親が「素敵」風に描写されてるのも気に入らないなぁ。
そもそも、ちゃんとDNA鑑定した上で伝えたのかもわからないし。
ただ、この父親が言っていた「万引きも死刑にすれば、万引きする人はいなくなる」ってのは納得(笑


個人的には性犯罪者に裁きが下されたので、このラストは嫌いじゃないです。
なのでラストでちょっとだけ伊坂さんへの反感が軽くなりました(笑
勧善懲悪が好きな人は気に入らないラストだと思いますが・・・。


今までに読んだ伊坂作品では登場人物に好感を抱いていた私ですが、
今回は好感を持てる人物がひとりもいませんでした。
当分伊坂さんの作品は読まないかも・・・。
スポンサーサイト
陽気なギャングの日常と襲撃 2009/03/23

 


早速借りてきました
前作がとてもおもしろかったので、だいぶ期待していましたが、
期待を裏切らない作品でした


会話のおもしろさは前作以上かな
前作ではニヤリとするだけだったのに対し、
こちらはぷっと吹き出してしまうこともありました


でも雪子や祥子がなんだか影薄い気がしました。
雪子は一応活躍はしてるんだけど、
肝心の事件に関してはあまり・・・。
慎一も出てこないし。


演説もないし、全体的な構成からしても、
前作のほうが良かったように思います。

ラストも前作みたいにいいと思わなかったし


でも、途中までは前作よりおもしろいかも
と思いながら読んでいました


続編希望
陽気なギャングが地球を回す 2009/03/20

 


タイトルから予想できる通りコメディ的な作品でした。
コメディ映画を観ているような気分で楽しめました


嘘発見器男・演説大好き男・動物愛護者でスリ男、
それに紅一点の精巧体内時計女という設定からしておもしろい


主人公たちは非道な人間って感じではないのに、
銀行強盗をすることへの罪の意識は0。
仲間の息子や嫁までが強盗を容認しているという・・・笑


声を出して笑うような作品ではないけど、
時々ニヤリとしてしまう感じ。


先が気になる締め方をしておいて、
次の章(次にスポットの当たる人の話)では
過去の話をして先へ進んでくれない・・・
というサディスティックな構成だったりするのに、
その話も楽しいので、進まないことにイラついたり、
もどかしさを感じることはなかったです


前に読んだ本もそうだったけど、
伏線がわかりやすく先が読めてしまい、
驚きは薄れてしまうのに惜しいとか思わないです
不思議なんですけどね


本人たちは軽いけどスリルもあるので最後まで飽きません。

ラストもかなり好き
続編もあるようなので、そちらも楽しみです













| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。