・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
天と地の守り人 2010/10/11

   ★★★★★

著者:上橋菜穂子


バルサとチャグムはこの物語の発端となったチャグムの祖国、
新ヨゴ皇国へむかう。
新ヨゴ皇国は南のタルシュ帝国に攻めこまれ、一方、
ナユグの四季も変化の時をむかえていた…



ついに完結。
字が大きめとはいえ、3部作という長編。
なのに全然長く感じませんでした。

きっとこれまで好きで読んでいた方なら誰もがそうじゃないかと思うのですが、
バルサとチャグムの再会のシーンはやはり感動もの
あぁ~・・・っとほっとする思いで、そのシーン何度も読み返しました(笑


政略とかは苦手なんですが、解決に向かう辺りからは、
読み終えるまでず~っと感無量って感じで胸がいっぱいでした。

途中まで、チャグムは本当に帝を殺すのだろうなと思っていたので、
そうでない解決の道に向かってくれてほんと~~~に嬉しかった
帝は憎らしいけど、帝を殺すことでチャグムが苦しむのは嫌だったので。
殺さないどころか、帝と向き合ってわだかまりを解いてしまったのはもう・・・!
私まで帝を理解できるような気さえします。
チャグム、ありがとうって思った。


でも一番は、作者の上橋さんにありがとう、です。

こんなスッキリする結末を考えてくれたことに感謝しています。
最終巻だし、重い話なので、いい結末だけじゃないかもという予感もあったので、
ハッピーなエンドを迎えてくれて本当に本当に嬉しいのです。

皇族に生まれてしまったことが不幸だと思っていたチャグムですが、
皇族としてのプライドがあることを見せてくれたことで、
一般人にはなれず皇族に戻ってしまうことが、悲しいだけではありませんでした。

国を治めることが、チャグムが嫌でも進まねばならない道ではなく、
進むべくして進む道なのだと思えるようになりました。


この作品に出会えて良かった。
スポンサーサイト
蒼路の旅人 2010/09/20

 ★★★★★

著者:上橋菜穂子


新ヨゴ皇国皇太子のチャグムは罠と知りながら、祖父トーサと共に新ヨゴの港を出港する。
この船出がチャグムの人生を大きく変えていく…
罠におちひとり囚われの身となるチャグム。
愛する人との別れそしてあらたなる出会い…。



上橋さんに、チャグムを苦しめないでくれ~と言いたい
たった15歳のチャグムになんでこんな試練を与えるのですかと!

・・・と、読んでて嫌だったりもしたけど、でもやっぱりおもしろいんですよね(笑


次の3部作でシリーズ終了です。
それに繋がるラストなのかなと思いました。
ものすごい決断をしたなぁ、チャグム。

皇太子に生まれたことを嘆き、父である帝を憎むチャグム。
でも、決して国や国民を見捨てようとはしないんですよね。
最後まで、国を守ることだけを考えていて。
切ない~~~


最終話に入ってしまうと思うと寂しいですが、
次ではきっとチャグムにとってのハッピーエンドで終わると思う(思いたい!)ので、
早く読んでしまいたいような気もします。
チャグムが救われる結末になりますように・・・
虚空の旅人 2010/08/22

 ★★★★

著者:上橋菜穂子


新ヨゴ皇国の皇太子チャグムが、シュガとともに向かったのは、
ヤルターシ海のサンガル王国だった。新王の即位の儀に招かれたのだ。
ところが、めでたいはずのお祝いの席で、新王は、傷つけられ、
チャグムたちは、はからずも呪詛と陰謀の中に身を置くこととなる。
小学高学年からファンタジーの好きな全ての人向き。



久しぶりの守り人シリーズ
バルサは出てこなくて、チャグムが出てくる番外編です。

チャグム、随分と大人っぽくなって・・・

国のためには皇太子であることを意識しなければならず、
自分の本心を押しとどめなければならないチャグムの気持ちが
すごく伝わってきて切なかったです

チャグムとシュガの絆にもちょっとキュンとするものがありました。


読んでる途中は、どんな結末になるのか急くような思いでしたが、
残り少なくなってくると、もう終わっちゃうのかよ~と残念になりました(笑

最初から最後までずっと楽しめましたが、
チャグムのそばにはバルサがいてほしいなーなんて思ったり。













| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。