・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
悼む人 2010/03/31

 ★+

著者:天童荒太


週刊誌記者・蒔野が北海道で出会った坂築静人(さかつき・しずと)は、
新聞の死亡記事を見て、亡くなった人を亡くなった場所で
「悼む」ために、全国を放浪している男だった。
人を信じることが出来ない蒔野は、静人の化けの皮を
剥(は)ごうと、彼の身辺を調べ始める。
やがて静人は、夫殺しの罪を償い出所したばかりの
奈義倖世と出会い、2人は行動を共にする。
その頃、静人の母・巡子は末期癌を患い、静人の妹・美汐は別れた恋人の子供を身籠っていた。
静人を中心に、善と悪、愛と憎しみ、生と死が渦巻く人間たちのドラマが繰り広げられる。



最初は、どんな人にも生きる理由があるってことなんだなぁと
しみじみ思っていたのですが、読めば読むほど不快でした。

死者を悼むために旅をしているってのも気持ち悪いし、
しかも悼みを自殺する代わりと言ってしまった・・・
悼まれる人がかわいそう

そして、静人はすごく矛盾しています。
他人の死ばかりで、自分の家族を顧みない。
最後には帰るんだろうなーと思っていたのに、
「自分の母親は病気とは無縁」的な発言にはびっくりしました。

色んな死と向き合ってきたはずなのに、何も学んでいないんです。
ちょっと不自然な発言だったので、単に逃げているだけかも。

静人の身勝手な行為が、素晴らしいことであるという位置づけに
してあるのが不快です。


奈義が語るものは最初から不快でしたけど、
気味の悪い人にばかり囲まれて憐れになってきたほど。
でも同情する気持ちはないです。
この人の話も「行き過ぎ」な感じ。


蒔野も、あっさりと静人に感化されて別人に。
せめてもっと時間かけようよ、って感じです。
これじゃエグノと呼ばれていたの嘘じゃない?と思います


静人の家族側の話のみ結構良かったです。
スポンサーサイト
家族狩り 2009/08/07

 

著者:天童荒太


しょっぱなからグロい

最初は引き込まれました。
でも、簡単に人間が壊れすぎ・・・。
佐和子はともかく、亜衣。
かなりの壊れっぷりなので、リアリティがありません。
正直、この程度でこんなんなるかって思ってしまいました。
これじゃあ、せっかく助かったけどこの先も生きていけないと思う。
家庭が悪いじゃなく、最初からなんらかの病気だったんじゃと。


更に大の苦手な宗教
宗教といっても、自分たちで作り上げている感じなんですが。
宗教じみた狂気といいますか・・・。
こういう自分の都合良くねじまげて解釈する人は嫌い。
狂気じみているから尚のこと。


壊れ方が半端じゃないので、だんだん読むのが嫌になりました。
悪い意味でです。気持ち悪かった。



文庫版はだいぶ変わってるらしいので少し興味ありますが。
永遠の仔 2009/02/24

  


だいぶ前に手に入れたにも関わらず、
長いからという理由で放置していた作品です(恥

もっと早くに読んでおけば良かった

救いのなさがひしひし伝わってくる本でした。
だんだん読むのが辛くなってくるのに、
それでも読まされてしまいます。

途中からは本当にひたすら辛かったです。
幸せな結末に向かって欲しいと思いつつ、
でも男2人に女1人という設定上、それはないだろうな・・・
と悲観的に思っていたので余計に辛かった

強引でもいいから救いのある結末を
と半ば祈りつつ読んでいました

最後はは喪失感のような脱力感があり、
読んだあと呆然としてしまいました。


親からの虐待が根っこにあって、それはもちろん子供が悪いんじゃない。
親を煩わせない子供なんかいないと思います。
それを煩わしい、悪い子だと思う親が悪い。

でも、この作品の場合、殺人を計画しなければ、
昔受けた傷がこれほどまでに化膿することは
なかったんじゃないかという思いが強く残ります。

だから色んな作家がテーマとして扱うように、
この作品でも人を殺めてはならないというのが、
虐待の影に隠れてはいるけど、テーマの1つなのかなと感じました。

かといって、優希たちが悪いと思うこともできませんが・・・。

考えがなかなかまとまらないですがすみません。


子供のいる人にはぜひ読んで欲しい作品です。


でも正直、文章はあまりうまくなかったです。
なんのことを言っているのか読み返してもわからなかったり、
雰囲気で書いてしまったのかと思う部分が多々ありました。













| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。