・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
小生物語 2009/06/12

 +

著者:乙一


ほとんどが嘘だと思うけど、ちょっと本当も混じってる日記?
おもしろくて気に入ったんですが、乙一自身が言っているように
お金を出してまで読むものではないと思います。
私がケチだからかもしれませんが、お金を出したか出さないかによって
評価が変わるような気がします(笑
ちなみに私はお金出してません。


集中して読むのではなく、ちょっとした空き時間とかに
少しずつ読むのがよさそう。
私は半分くらいまでは一気に読んだのですが、少し飽きました。
その後は少しずつ読んだので飽きずに読み終えられました。


くだらない嘘話(というかネタ)が結構ツボ
おかしな脚注も好き。

ギャグなので合う合わないは分かれるでしょうけど、
図書館にあったら読んでみることをおすすめします
買うのはおすすめしません(笑
スポンサーサイト
平面いぬ。 2008/03/17

 

石ノ目
ちょっと怖かった~すごくハラハラした
こういうホラーは苦手
と思ったけど、なるほど~というオチでとても良かったです
やっぱり乙一ってうまいな、騙すのが
読者が真相に気づかないよう工夫してる
でも私はミステリーをよく読むので、気付いたけど・・・

一人称が「わたし」なので最初、主人公女かと思ってた
なんで男の同僚と・・・って
次の作品もだけど、男ならわかりやすいように「僕」「俺」にしてほしいな(笑


はじめ
これはちょっと文体が苦手だって些細なことだけど
良かったけど、こういうのはあまり好きじゃないかなぁ
自分だけの妄想というなら良かったんだけど、
他の人にも見える妄想っていうのが、ちょっとダメでした


BLUE
動くぬいぐるみのお話。
乙一さんって、なにげない文章の中に切なさが見えるんだけど、
これは特に感じなかった
なんでだろぬいぐるみだからかな
でもお話はすごく好きです


平面いぬ。
他の作品に比べてちょっと文章が下手かも・・・と思っちゃいました
これもあまり感情が伝わってこなくて、あまり好きじゃなかったけど、
ラストではちょっと涙腺にグッと来てしまいました
弟~~って感じで(笑
死にぞこないの青 2008/02/05

 

子供の一人称のため、最初はあんまり軽い感じで進むので
ちょっとおもしろくなかったけど、先生からのイジメが始まった辺りから
先生に腹が立って腹が立ってしょうがなかった


いじめられているマサオが自分が悪いと諦めてしまったときは、
なんでって思ったけど、でも自分の小学生時代を思い起こすと、
人気のある先生のいうことは正しいと思い込んでいたふしがありました
後になって、ひいきしてた先生だったな~とか、
嫌味なこと言われたな~って気づいたのを思い出しました
担任でいるうちは、本当にそんなこと思ったことなかったのに
それでなくとも、子供の頃は「先生」という存在は「正しい人」だった気がする。
なのでマサオが自分が悪いと思い込んでしまったのもちょっと頷けます


最後のほうの復讐劇はあまり現実的ではない気がしたけど、因果応報的なことが
私は好きなので(爆)ザマーミロと思いました

羽田先生がどうしてマサオをいじめたのか・・・
その理由がとてもあっけないです。
あっけないからリアルでした
でもどんな理由があっても私は羽田先生みたいな人は絶対に許せない


これ、「イジメ」がテーマのようでそうでないような気がします。
暴力で解決しようというのはやっぱ違うと思うし
だけどイジメに屈せず登校拒否もしないマサオは強いし、
今イジメで自殺しちゃう人が多いので、そういった意味ではいいのかも

最後の最後では、救いようのない結末にならなくて良かったです













| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。