・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
笑うな 2008/03/30

 

ショートショートです
ショートショートというとどうしても星新一と比べてしまいますね

ちょっと毒があったり、この状況でなんであんたそんなに冷静なの
と突っ込みたくなるようなところは少し星さんに似てるかも
でも筒井さんのほうがブラックな感じが強いかな


前半はおもしろかったけど、後半はつまらなかったな~
読むのがめんどくさいろいうか・・・
けど、筒井さんは元々苦手な作家さんで、これまでに読んだものには
一切受け付けられない作品もあったので、これはだいぶいいほうです(笑

個人的には『廃墟』のオチが意外で楽しめました
スポンサーサイト
「巴里の恋人」殺人事件 2008/03/29

 

前に読んだカリブの海賊殺人事件と同じくワンナイトミステリー
1時間かかんなかったような

物足りない上にえぇ~そんなオチかよぉ~
といった感じ
主要の登場人物もちょっと理解しがたいというか・・・

でも探偵役の鷲尾刑事が良かったです

このシリーズは物足りないので、もう2度と買わないけどね
世界の中心で、愛をさけぶ 2008/03/27

 


ドラマも映画も先に観たので、内容は大体わかってました
それらがおもしろいと思わなかったし、原作の評判も良くないのでなんとなく
読まないでいたんだけど、恋愛小説ってあんまり読んだことないなーと思い、
そんな理由で読むことに(笑


内容は思ったとおりかなりベタです
そんでもって確かに文章はうまくない
けど悪評があんなに多いのは何でかよくわかりません
そんなにひどくないと思うんですけど・・・。


悪いと思った点は、
人物描写が薄っぺらすぎること。
アキは可愛い、朔太郎は気持ち悪いくらい一途というくらいの印象しかない。
朔太郎はアキの死を早めた。なのに両親からは何も責められていないこと。
娘のためを思っての行動だから、一緒にオーストラリア行ったのとかは
まだ理解できるんだけど、それを知ったときくらいは普通取り乱すでしょ・・・。
あまりにもストーリーがきれいごとめいていること。
病気になったアキと付き合っているのが重荷に感じるとか、
そういう描写があると良かった。

あ、なんか結構重大なのばかりかも(笑

でも最後の、新しい恋人ができて、アキの骨を撒くシーンには感動しました
いきなりすぎるので、今までアキアキ言ってたのは何だったんだと
思う人もいるかもしれないけど、新しい恋をしているけれど、
決してアキのことを忘れたわけじゃないんだと私は感じました

でも、恋愛小説はやっぱりあんま好きじゃないかな


あと、最後まで読んでみてタイトルと内容がちぐはぐだと思いました(笑
黒猫館の殺人 2008/03/22

 


途中で読めちゃったけど、やっぱり館シリーズはおもしろい

悔しかったのは、気になったけど、そういうこともあるかな
スルーしてしまったところが伏線になっていたこと

読んでて気になった部分、全部伏線でした
だから、トリック?がわかっても伏線を解いて
答えを出したってわけじゃないんですよね
まだまだだわ~

個人的に手記を使う手法というのが好きじゃないんだけど、
(大抵その手記を書いた人が犯人だし、デタラメを書くこともできるから)
これは色んな伏線が散らばっているので、良かったです


ちなみに密室殺人もあるけど、そういうトリックを解くことには
興味がないので、一番怪しい人が犯人だと思っていたら、
やっぱりそうでした(笑

もっと意外性があると良かったな~
館シリーズの中でも、意外性はないほうだと思います。
というか、皆無

伏線をスルーしてしまったことの言い訳じゃないけど、
この人が犯人に違いないと思い込んでしまうと、
推理に影響が出るんだよね


以下、ネタバレ


首を絞められたのに、うっ血していないとか、失禁していないとか。
必ずしもそうならないのかな~と思った。


心臓を押さえるのに左手をを使うとか。
私は右利きなので、左利きならそうするのかなと思った。


標識を声に出して読むとか。
旅行に来てテンション上がるやつっているよな~と思った。


書ききれないので、これだけ。
もっともっともっといっぱいあります
これからの出来事 2008/03/19

 


なんだか久々な気がする、星新一
一時期、他の本を読んでても毎日読んでた頃があったなぁ


これは、残念ながら私好みの作品じゃなかった
前に読んだどんぐり民話館みたいな感じで、
ショートショートというよりも民話っぽい

それで何なのと思ってしまう作品もいくつかあった
星新一と考えずに読めばおもしろいのかもしれないけど、
もっとショートショートっぽいものを期待して読んでしまったので、
私にはイマイチでした
平面いぬ。 2008/03/17

 

石ノ目
ちょっと怖かった~すごくハラハラした
こういうホラーは苦手
と思ったけど、なるほど~というオチでとても良かったです
やっぱり乙一ってうまいな、騙すのが
読者が真相に気づかないよう工夫してる
でも私はミステリーをよく読むので、気付いたけど・・・

一人称が「わたし」なので最初、主人公女かと思ってた
なんで男の同僚と・・・って
次の作品もだけど、男ならわかりやすいように「僕」「俺」にしてほしいな(笑


はじめ
これはちょっと文体が苦手だって些細なことだけど
良かったけど、こういうのはあまり好きじゃないかなぁ
自分だけの妄想というなら良かったんだけど、
他の人にも見える妄想っていうのが、ちょっとダメでした


BLUE
動くぬいぐるみのお話。
乙一さんって、なにげない文章の中に切なさが見えるんだけど、
これは特に感じなかった
なんでだろぬいぐるみだからかな
でもお話はすごく好きです


平面いぬ。
他の作品に比べてちょっと文章が下手かも・・・と思っちゃいました
これもあまり感情が伝わってこなくて、あまり好きじゃなかったけど、
ラストではちょっと涙腺にグッと来てしまいました
弟~~って感じで(笑
密閉教室 2008/03/12

 

やっぱりこの人の作品は苦手だなぁと思った
まず、登場人物がみんな好きになれない
探偵役の主人公は生意気で気障で嫌いなタイプ


どんでん返しは大好物なはずなんだけど、
これはど~~~~~しても納得がいかない

前に読んだ頼子のためにのときも思ったんだけど、
このどんでん返しはいらないと思ってしまうんですよね


デビュー作なのに読みやすいのは良かったけど、
法月さんの作品はもう読まないかな~
「朝2分」ダイエット 2008/03/08



立ち読みしただけなんですけど、おすすめしたかったので

毎朝、2種類の伸びをやるだけというお手軽さ
でも、寝起きって大きく息を吸うのが大変

そのせいか、1ヶ月くらいやっていますが痩せません
でも寝起きが良くなって二度寝が減ったのは良かったかな


本当に簡単で、方法だけなら1度立ち読みすれば覚えられるような
シンプルなものなので、痩せなかったけど、朝が苦手な人にはいいかも
じっくり読みたい人は安いので買えばいいし


ちなみに同じ著者の1分骨盤ダイエット
これより難しそうだったので購入してみた
まだ2日目ですが。
希望の国のエクソダス 2008/03/07

 


80万人の中学生が学校を捨てるというところに惹かれました。
基本的にミステリー作家以外は自ら興味を持つことがないので、
超有名な人だけど、初めての作品です。
だからどんな作品を書いているのかも全く知らなかった。

タイトルや中学生がボイコット・・・という内容から
現実感のない話を想像して読み始めたら真面目な話で、
思ったのと違ったので少しガッカリ


というか現実感のない話を現実味あるように書いていて・・・
多分、私そういうの苦手なんですよね
中学生が起こしていることというのがどうしても現実味がなく、
なのにドキュメンタリーのようなお話。
それがちょっと苦手でした


そして1番受け付けなかったのが、



政治経済の話。



も~大大大っ嫌い


読み飛ばしましたが、ダメでした
基本的に私は途中を読み飛ばすのが嫌いなんです
でも読みたくなくて・・・



結局・・・




投げ出しましたε==(っ≧△≦)っ




久しぶりに途中で断念しました



とはいっても、内容には惹かれるものがありましたし、
政治経済の話に今ほど苦痛を感じなくなるときが来れば、
また読んでみたいと思っていますいつ読めるやら・・・



政治経済以外にも、苦手だな~と思う部分はありましたが、
それを堪えてでも読む価値があるんじゃないか
と思ったんです


でも、今はとにかく経済の話は苦手なので、2つ星をつけます(笑
政治経済ネタがなければ、最後まで読んだと思います
煙か土か食い物 2008/03/03

 


序盤はやっぱりふざけてんのか
と思うくらいのぶっ飛びっぷりで始まります
おもしろい

でも途中から全員マザコンってことに気づき、
表現からして作者の舞城も相当なマザコンだ
と推測し、読み進めるのが億劫になってしまったのですが、
我慢して読んだらまたハマッていきました
後からマザコンじゃないらしいことはわかるんですが
ん~、でもやっぱりマザコンだと思うかも

途中までは良かったけど、ラストに蛇足だと感じる部分がとても多かった
残虐な描写を書きたかっただけじゃないのとか、
なんでこの人死ぬ意味あったのていうかそれ以前に出す必要あった
て感じで


それにどんな理由があったとしても親は子供を守らなきゃいけないと思うし、
虐待・傍観を許すだなんてとんでもないと私は思う

考え方の違いかもしれないけど、途中まで好きだった兄弟たちも
最終的に嫌いになってしまい、あまりおもしろくなかったです


ミステリーとしては全然おもしろくないけど、テーマは家族愛だと思います。
私には理解できなかったけど
こんな家族よく愛せるよな~
ターン 2008/03/01

 

数年前に買ったものの、文体が気に入らなくて途中で投げ出した作品。
再挑戦です

やっぱり、文体が苦手。
二人称っていうの途中から一人称になったり戻ったりですけど。
でもこの二人称の不可解さは解けるので、
我慢して読んで良かったです

というか、我慢して・・・なんて言ってるけど読み始めたら止まらなくて、
寝る時間を削ったりなんだりで忙しかった割りには3日で読みました

前に何で投げ出しちゃったのか不思議です
確かに、最初はなんで心読めるんだよ
と突っ込みたくなってしまうんですけど、読みにくくもないし


でも、最後がなぁ・・・
それまでゆったり進んでいたのに、一気に解決してしまって
なんだか物足りないというか、もったいないというか・・・
せっかくなのでゆったりと結末に向かって欲しかったです













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。