・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
鎖 2009/01/31

 

やはり私は単純だった
おもしろい本に出会ったら、ほんの数日前の
読書鬱(笑)がすっかり治ってしまいました


音道貴子シリーズです。
このシリーズ結構読んだ気がしてたけど、
ちゃんと順番に読んでたみたい。
「凍える牙」「花散る頃の殺人」で、この「鎖」。
なので3作しか読んでないということでした

これは凍える牙を読んでからのほうが入り込めますよ
花散る~は確か短編集なので飛ばしてもいいかと。
私は読んだのかなり前だけど意外と覚えてたので良かった
でも久々だったので思い出したのは滝沢のことだけ
それで十分でしたけど。


やはり心理描写はさすがだなー
こっちまでイライラハラハラしまくりでした
もちろん、いい意味でね

情景も浮かびやすいのでリアルに感じられる。

犯人の一味、中田が貴子に心を開いていく様子も自然なので、
いつしか私も中田を哀れに思うようになり、
負けないでと応援するようになっていました。

それでもやはり犯人側の人間で、
犯人を裏切るわけではないので貴子も半信半疑なのですが、
最後にああいう結末になって良かったです


ちょっと救出するまでが長すぎてもどかしい感じはあるのですが、
でもあの辺りのシーンは感動的で目が潤んでしまいました。


貴子が監禁される原因となった相棒の星野は超最低クズ
滝沢たちに、もっと精神的に立ち直れないくらいに
痛めつけてやってよと思ったくらい嫌い(笑
女性ならきっと私の気持ちわかってくれるはず
最後なんてまた嫌味言いに来やがったもんね
いや、本当は謝るつもりで来たのに、
恋人といるのを見てまた幼稚な嫉妬心が湧き出たに違いない


シリーズ続編はもちろんなんだけど、
凍える牙もまた読み返したいです。
スポンサーサイト
さくら日和 2009/01/28

 


3度目くらいの再読
ここ最近つまらない本を連続して読んだせいで、
読書したくない気分に
けど習慣になっているので、読まないと落ち着かない
なんかもう読書は趣味というより、
生活の一部になってしまってます
次に選んだのもつまらなかったらどうしようと不安になってしまったので、何度か読んでて、しかも軽く読めるこれを選びました


一番好きなのはあのころシリーズなので、
それに比べるとおもしろさは劣るのですが、
やっぱり楽しくスラスラ読めていいです

私的には、「電車で読める」レベルで
ほとんど笑うところはないですが。
ていうか1度も笑わなかったかもしれないです。


前にも思ったけど、息子ネタは嫌いだなー。
ワガママすぎてムカつく


でもスラスラ読めるものを読みたかったので、
まぁ良かったかな

シャーロック・ホームズの事件簿 2009/01/26

 


古典的な作品は苦手ですが、ミーハーのため、
読んでみました(笑
コナン・ドイルは多分初めてです。

やはりつまらなかったですが、これは今までに読んだ
古いミステリの中でもダントツでつまらなかったです


無駄が多いのに必要な部分はろくに描かれてなかったりと、
読んでいてストレスが溜まります。
短編なのが悪かったのかな


最後の短編集らしいので、多分晩年の作品なんですよね。
それも悪かったのかな・・・
コナン・ドイルは読んでみたい作品がいくつかあって、
これを読んだときにやめとこうと思ったんですが、
晩年の作品だと知ってちょっと気持ちが揺れ動いています(笑
でも買ってまでは読まないかな


ここのとこずっと合わない作品ばっかり・・・
きれぎれ 2009/01/23

 


楽しみにしていたのですが・・・残念ながらきつかったです

ゆっくり読まないとワケわからない
でもこれはゆっくりじっくり読みたいタイプの本じゃない。

それと、100ページくらい読んだ気分のときに
30ページも進んでいなかったのでびっくり(笑
これ200ページもないんですね。
500ページくらい読んだ気分です。
疲れました


告白が私的に大傑作だったので多少期待しつつ
最後まで読んだけど、結局妄想なのか現実なのかわからず
しかもハッピーエンドではなさそうなので、
読後感も良くないです。

とにかくハチャメチャです。

最後まで読めない人も多いのでは、と思います
町田さんのファンでないと厳しいのではないでしょうか
amazonでは結構高評価なのでびっくりしましたが、
ファンなら読めるのかなと思いました。

所々ちょっと笑えるというか、おもしろいところもあるんですが。
期待はずれでした。


町田作品1冊目として読まなくて良かったと心から思います(笑
これ最初に読んでたら、もう町田さんには手をつけないと思う
告白を最初に読んでよかったです。
死亡推定時刻 2009/01/20

 


評判が良いみたいなので買ってみました

文章が下手すぎて大幅にマイナス
心理描写なんかすごいですよ
全部直接的すぎる
恐い、悲しい、とだけ、そのまま書いています

やってもいない殺人事件の取調べを受け、刑事の戦略で
容疑者にどういった感情の変化があるのかは
わかりませんが、この昭二という男は
ただの馬鹿にしか思えないのです
心理描写があまりにも下手すぎるから。
飛躍しすぎているように感じるので、わざとらしいんですよね。

だから、本当なら自白を強要する刑事に腹が立つはずなのに、
私は昭二の馬鹿さ加減に腹が立ちました(笑

宮部さんや貫井さんなら違和感なく書くんだろうな~
と思ったり

それに説明調の文体はしょうがないとしても、
セリフまで説明調にしなくていいじゃない・・・

読者に訴えかけている感じなので、もしかしてわざとなのかな
と逆に思ったりもしたんですが、どっちにしろ私にはマイナスです。


ですがストーリーだけなら興味深い話なので、
もっと作者に筆力があれば3つか4つくらいにしたかもしれません。
冤罪って、結構無理やり作られているんですね

一部の人にネタバレ↓
映画「それでもボクはやってない」にかなり似ています。
事件は痴漢と殺人なので全然違うんですが、展開も似てる。
なので私は結末が読めてしまいました
バッテリー Ⅰ 2009/01/17

 


昨日に引き続き今更な感じですが、読みました


児童書として出版されたようですが、
「低学年向け」だったのではないでしょうか
主人公が全然子供らしくないです。
小学校低学年の頃は5,6年生でも大人に見えるので
いいと思いますが、今読むとものすごく不自然です。


まず、「だぜ」口調なんて大人の登場人物でもイラッとくるのに、
小学生に「だぜ」口調を使わせています。
そのだぜ口調が出たとき、早くも あ、無理かも・・・
と思いました(笑

「少年犯罪」というテーマならまだ納得できたかも。


でも、主人公以外の登場人物もベタ
こんなベタベタな人物設定は久々(もしくは初めて)です。

あさのあつこってアホなんじゃないかと思ったほどです。
児童書だと知るまでは。
児童向けにするためわざとやったのだと、今は思ってますが。

びっくりしたのでAmazonでレビューを読んだら、
私と同じように感じている方が結構いて少し安心しました(笑


1巻くらいは読みきろうと思っていたのですが、
最初の主人公の違和感がありえないほど強かったため、
どうしても全てに文句をつけて読んでしまうようになり、
結局半分も読まずに棄権しました
ホームレス中学生 2009/01/16

 


今更ですが、読みました(笑
テレビで、ゴーストライターを使わずに
田村さんが自分で全部書いたというのを聞いたので、
相当ひどいものを想像していたのですが、
そんなにひどくなかったです
上手くはないけど、読んでて腹が立ったりはしませんでした。

でも、やはりタレントが書いた本です


最初はテレビで話していることが詳しく書かれたりして
まぁまぁおもしろかったのですが、
進むにつれつまらなくなっていきました。

生活保護を受けるようになって以降の話は
まったくおもしろくないです。
本に書くほどのことじゃない。


それに途中、何かあるとお母さん連発するのもウンザリ
テレビではおもしろおかしく喋ってるのに、
本にしたらお涙頂戴かよって
所々、良いように捻じ曲げて解釈しているような部分もあるし。


文章が下手なせいかもしれないけど、
自分を良く見せたがっている感じが結構します。


そもそも、兄と姉は二人で行動してたのに、
一番年下の弟が一人で行動っておかしいですよね。
本に書いてある通り仲がいいなら、
迷惑がかかるから別行動しようなんて思うかなぁ。
こんな状況で甘えられない関係って・・・
兄弟愛が嘘だとは思いませんが、
本当は反抗期か何かだったんじゃないのかなぁと。

ありのままの事実だったら本当に申し訳ないけど、
脚色も結構してるのかなぁって思っちゃいました

漫才などのネタで聞いているほうがずっとおもしろかったです。
エンジェルエンジェルエンジェル 2009/01/15

 


西の魔女が死んだも読みましたが、この作家さんは
合わないのかもしれません
感情移入できないです。
だからハマれません。

西の魔女~もでしたが、ストーリー自体は
つまらないわけではないんですが。


こういう本って、行間を読んでこそ楽しめるんだと思います。
でも私の場合、登場人物に感情移入してないときは
ちゃんと読み取ることができないみたいです

だから、作者が何を書きたかったのか、
なんとなくわかりかけてるんだけどはっきりとはわからなくて、
モヤモヤが残ってなんだか気持ち悪い感じ


つまらないならつまらなかった、で終わりなんだけど、
おばあちゃんの若い頃の話なんかはなかなかおもしろいし、
最後なんかはちょっとウルッとしちゃったりなんかしたので、
かえって消化不良気味になってしまいました

ただつまらない本よりタチ悪いかも(笑
晩鐘 2009/01/14

  


前にコメントでおすすめしてくださった方がいたので購入
なんだか肝心の事件がぼんやりした感じなので、
そこには重点を置いていないのか、
それとも事件が覆るのか・・・
とか考えていたのですが、風紋の続編らしいです
下巻を読み始めるとき、ようやく気づきました
前作から読みたかった・・・

けど前作を読まなくても特に問題はないと思います。
過去でなく「現在」の事件も結構ボヤ~っとしてました。
事件の真実は重要視されてないようで、
これが本当に真実なのとちょっとしっくり来なくて
でもさすが乃南アサと思える作品でした


被害者の遺族のまゆこも、まゆこの母を殺した犯人の息子も、
どちらの性格も好かないのに(特に大輔は嫌
それでも応援したくなります。
それだけ描写がすごいのです
大輔のいつ爆発するかわからない危うい感情も、
まゆこの母親を失くした悲しみを家族と共有できず苛立つ気持ちも、
不思議と理解できて自分のことのように悲しんだり、
腹を立てたりしました。


まゆこは新しい出会いにより救われていったけど、
大輔は新しい出会いにより堕ちていきました。

それが被害者側と加害者側の違いなのかもしれません。
でも大輔はかしこいんだし年のわりに自立してるし、
自分は自分、親は関係ないという考え方ができたのでは・・・
と思ってしまいます。
まぁ、親は子供の人生に強い関わりがある、
世間は子供を独立した一人の人間だと見てはくれないんだと
実感させられるできごとを、乃南さんは入れてるんですが・・・。
だから、それがなければなぁ・・・なんて
いや、そもそも希美子に出会わなければ・・・。


本当に可哀相でした。
大輔が立ち直る日は来るんだろうか。
大輔の祖父母やいずみも心配です。
まゆこは幸せになれるといいな。


最後はあまりにも悲惨な結末でした。
これでまた「連鎖」が生まれるのでしょうね・・・。

まゆこが立ち直りつつあるのだけが救いですが、
まゆこはまだ事件を知らないのですよね・・・。


しばらく乃南さんから離れていましたが、
今後はまたたくさん読んでみようと思います
もちろん風紋も読みます
そうか、もう君はいないのか 2009/01/10

 


何やら話題のようなので。
珍しく、流行にあまり遅れませんでした
それでも出版は1年前ですけど。
でもドラマより先に読めたので良かったです


城山三郎という名前を聞いたことさえなかったのですが、
結構すごい作家さんなんですね
首相と対談するほどの・・・


結構淡々としているのですが、奥様を大事に想っていた事は
十分に伝わってきます。
奥様のことを天真爛漫で素敵な方に書いていて、
ノロケと取れる感じ

病気になる以前の話も、なかなかおもしろいです
すこ~し恋愛小説のようになっているのですが、
恋愛小説が大嫌いな私でも、読んでいて全然嫌じゃないです。
むしろ楽しかったです時代のせいでしょうけどね。


終わり方が、区切りはいいけど少し唐突な感じだったので、
少し戸惑い気味でしたが、娘さんの手記を読んで納得。

これって未完成なんですね。
奥様が亡くなって間もなく書き始めたようです。
7年程かけても未完成だったというのが・・・

130ページちょいなんです。すごく短いんですよ
それを7年もかけてやっと書いたんだと思うと・・・
淡々としているけど、本当は書くのものすごく
辛かったのではないでしょうか

なので、娘さんの手記あってこそのエッセイだと思いました。
(悪い意味じゃないです)

ただ娘さんたちは、城山さんにも
亡くなった奥さんが末期ガンだということを
伝えていなかったそうなのです。

憶測だけでは、大丈夫かもしれないという希望も抱いていたはず。
告知されていたら覚悟ももう少し決まり、
奥様の死を受け入れられたのでは、と思ってしまいます。

娘さんたちなりに思いやってのことだとは思うんですが、
なんだか可哀相だなぁと感じてしまいました
空中ブランコ 2009/01/10

 


先日読んだイン・ザ・プールの続編
イン・ザ・プールがとても良かったので、
図書館の休みが明けてすぐ借りてきました


おもしろかったけど、期待はずれ。
伊良部をハチャメチャにしすぎな気がしました。
前作で伊良部のハチャメチャぶりが評判だったので、
それを強調したのかな、という感じ。
(それが好評だったのかは知りませんけど)

前作は、ヤブっぽいけど実は良い医者という印象でしたが、
今回はそれがありませんでした
相変わらず、憎めないキャラではあるのですが。


前作のような切迫感などはあまり感じず・・・
だから患者が快方に向かいつつあるときの安心感を
一緒に味わうことができませんでした

伊良部のバカっぷりに気をとられちゃったかな
しかも、あまり笑えるところがなかったです。


普通におもしろかったけど、前作ほどではないです。


そういえば尖端恐怖症のヤクザって
ドラマか何かで見た気がします。
前作は確か映画化されているらしいけど、
これはドラマ化されてるのかな
童話物語 2009/01/09

  


評判が良く、タイトルも気に入ったので読んでみましたが、
期待したほどではなかったです
読み始めてすぐに気に入ったため、
余計に評判通りの作品だと、過度に期待しちゃったせいかも

トリニティーを出てからペチカが出会う人々が
みんな良い人すぎて、なんでこんなにペチカを
大事にしてくれるのか、ちょっと納得がいきませんでした。
これが結構気になってしまったので、
イマイチはまりきれませんでした
それでも十分おもしろかったんですが・・・


あと登場人物がかなりジブリ作品とかぶりました(笑

ハーティーは魔女の宅急便のおソノの旦那さん。

ヤヤは魔女の宅急便で黒猫のぬいぐるみを
拾ってくれた画家?のお姉さん。

特にすぐ結びついたのがこの二人です。
その他の登場人物でもいるんだけど、
この二人がいなければ気づかなかったと思うので省きます。


他にも気になる点はちょくちょくあったのですが、
ストーリーは読んだ人を温めてくれる良い話だと思います

個人的に一番キタのはペチカを想うルージャンです。
ペチカに嫌われて傷ついたときも、
自分の身を捨ててでもペチカを守ると決意したときも、
こんな男いたらなぁと思いました(笑
それだけに、ルージャンのイラストがあったのは少し残念

ラストも、基本的にはハッピーエンドなんだけど、
ハッピーエンドすぎないところがいいです

「誰だって、自分が思ってるよりはすごい人間だよ」

こんな、胸にしみる言葉もありました
自分には無理だってやらなかったこと、いっぱいある
無理だと思ってたけど、やるしかないからやってみたら、
意外とできちゃったっていう経験が、何度かある
でも、自分で思うより自分はすごいんだと思ったことは、
一度もありませんでした。
意外とできちゃったってことは、この言葉と同じことですよね

この台詞を読んで、少し嬉しくなりました

今思ったんだけど、「やればできる」という言葉も近いですね。
なのにこれは心に響いたこともないし、
良い言葉だと思ったことも1度もないです。
少し言い方を変えるとこんなに違うんですね
言葉って、深いなぁと、今思いました(笑
ニュー・シネマ・パラダイス 2009/01/04

 


まさに古き良き時代って感じ
古い映画なので、映像もそんなに良くないのですが、
逆にそこが雰囲気出てて良かったです

トトと、老人のアントーニオの絆がすごくいい
最初に出てくるトトはもうおじさんになっていて、
親が何度連絡しても30年も家に帰っていないそうで、
なんて奴だと思っていたのですが、
最後のほうで理由が明かされるんです
それを知ったときは軽い衝撃でした~


ビデオやテレビの普及によって映画館の取り壊しが決まり、
爆破(?)するときは私までショックで泣きそうでした。
役者もすごく良かったです
主人公2人はもちろんなんですが、
脇役の人もみんなとてもいいです

ただ、トトは青年時代、エレナと出会って恋をするのですが、
そこが余計ですごく邪魔だと思いました。
DVDで観てたら飛ばしたかも。(先日、テレビで観たので)
恋をするのは必要だったかもしれませんが、
別に付き合わなくて良かったんじゃないって・・・。
早く先を観たかったのでイライラしました

だけどそれでも良い映画だと思ったので、
私と映画の好みが似てる人けど
ラブストーリは嫌いじゃないって人が観れば、
相当良い映画と感じるかもしれませんよ


50分くらい短いやつもあるみたい。
50分って、相当カットされてますね・・・
エレナの話がほとんどカットされてたら嬉しいので、
こっちも機会があれば観てみたいな~と思ってます。
でもエレナ以外にもいらない部分は確かにありました


 カット版。
強く印象に残った本―2008 2009/01/01

あけましておめでとうございます

去年読了して特に印象に残っている本をピックアップしてみました
・・・本当は31日中に「今年」として更新したかったのですが、
TV観てたので無理でした


いくつかピックアップして、省いていったら11冊だったので、
どうせならキリの良い10冊にしてみました~

でも、並びはランキングではありません
最近読んだ本のほうが、印象に残っていると思うので、
つけられませんでした



 告白 町田康



 青い鳥 重松清



 ぽろぽろドール 豊島ミホ



  模倣犯 宮部みゆき



 この闇と光 服部まゆみ



 アブダラと空飛ぶ絨毯 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ



 殺人症候群 貫井徳郎



  クロスファイア 宮部みゆき



  黒祠の島 小野不由美



 夏と花火と私の死体 乙一




ここ半年くらいで本の好みが大きく変わったな~と思います
ちなみに2,3年ほど前はミステリしか読まないってくらい偏ってました
誤解しないでほしいのですが、相変わらず
本格ミステリ・どんでん返しは大好きです
大好きだけど、良質の物に出会うのが難しいジャンルなのかな

今は、作品・文体の雰囲気や、登場人物への感情移入の仕方で
評価が随分変わってきたかな~、と。
雰囲気が好きになれると登場人物も好きになれるんですよね
前は主人公に感情移入すること自体あまりなかった気がします。
ストーリーばかり追って世界観は無視していたのかも

だから、前よりも読書が好きになりました

今年もたくさんの本を読みたいと思います
読む本のジャンルももっと幅を広げてみようと思っています。

今年もよろしくお願いします













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。