・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
蒲生邸事件 2009/03/31

 


宮部さんの長編はほとんどが無駄だと思っていたので、
それを覚悟で読みましたが、これはあまり感じなかったです

でも、いまいちハマリきれませんでした
つまらなくはないんだけど。

評判もいい作品なので、
「読むのをやめられなくなる」というのを期待してたんですが、
そういったことは最初から最後まで一度もなかったです
あまり読む時間がなかったので、
良かったと言えば良かったんですが(笑


タイムトラベラーの平田が、主人公の印象では
すごく暗いと書いてあるのに、
実際喋っている様子などは全くそう感じなかったり、
人物描写が宮部さんにしてはイマイチだったと思います。


唯一おもしろいと思ったのが、事件に対する
主人公の推理。
よくできていて納得できたので、わくわくしました

あと、最後かな。
現代に戻ってきてからは良かったです


私は江戸時代までの日本史は好きで、
読んでいてワクワクするのですが明治以降は興味がないので、
その辺の理由もあって、途中はなかなかおもしろいと
思えなかったのかもしれません。
スポンサーサイト
Jの悲劇 2009/03/29

 


男性が男性にストーカーされる話。
タイトルから殺人事件がテーマなのかと思いましたが違います。

やっぱストーカー物は気持ち悪いですね
不快感でいっぱいでした
見てて本当に気持ち悪くなりそうでした。
こういうのは苦手です。


登場人物たちの感情がリアルに伝わってくるので、
俳優や作品の雰囲気は良かったと思います
映像も良かったです。


でも私はストーカーとか気持ち悪くて嫌なので、
その不快感が大いにマイナスです。


以下ネタバレ。

どんでん返しはなかったです。
主人公の心の病というオチを予想させる構成になっていますが、
そうではなかったので最後は安心感がありました(笑
そういうオチだったら嫌だなぁと心配しながら見てたので(笑

ラストがよくわからなかった。
エンドロールの途中でストーカーが出てくるのですが、
それはどういうことなんだろう
何か書いていたので、小説だったというオチなのかとも思いましたが、
小説を書いている風ではなかったし・・・。
鳴風荘事件 2009/03/28

 


はっきり言って退屈でした。
コミカルさがやっぱり嫌(古い作品なので仕方ないけど昭和臭い)
警察も出てくんな
って思いました。


髪を切った理由は前作と違って
わかりやすかったけど・・・う~ん・・・
なんかあまり納得いかなかったです。


最後の謎解きになるとまぁまぁおもしろくなるんですけどね。
それまでがつまらないし、
容疑者たちの人物描写がないと言っていいくらい
薄い印象しかないので、正直誰でもいいよって感じでした。


2つ目の殺人、いるかなぁ・・・
って思ってしまったし
ホルモー六景 2009/03/27

 


鴨川ホルモーの続編かと思っていたら、
ホルモーにまつわる短編集でした。

続編ではなく、鴨川ホルモーでの出来事を
違う人の視点から描いた話で楽しかったです
こういうの、いいですねぇ

芦屋の彼女なんかは随分イメージが違いました。


一番最後の話は1番ファンタジーぽかったけど、
1番感動しました
ちょっとウルッと来たりして。


またホルモーの話書いて欲しいです
今度はオニももっと出して・・・。


ちなみに、これ単独で読んでしまうと
きっと意味がわかりにくいと思います。

前作を読んだすぐ後に読むとおもしろいと思います
ダレン・シャン バンパイアの運命 2009/03/25

 


シリーズ6作目

最近あまりこのシリーズを楽しめていませんでしたが、
今回は久々に楽しめました

ハラハラしたり仲間の死にホロリと来たり・・・
一気読みしたのは1巻以来かもしれません


でも、あまりにもひねりがなさすぎるかな
とも思いました。

逃げ出したダレンを、シーバーがあっさり信じてしまうので、
信じたと見せかけて捕らえる・・・とか、
実はシーバーも仲間だった・・・とか、
裏を読んでいたのですが何もなくて


最後のダレンが助かることになった展開も、
ちょっと安易かなと思いました。
これを認めるなら、掟変えても良くない
と、ちょっと腑に落ちませんでした。


なので、おもしろかったんだけど、
4つはつけすぎかな~と思ったので、3つです。
夜のピクニック 2009/03/25

 


う~ん。
本当に普通としか言いようがないです


自分の腹違いの兄弟が、同じクラスにいるってのは
すごく辛いことだろうとは思うのですが、
この主人公(貴子)に関してはそれはないです。
その兄弟に嫌われていることを悲しんでいます。

でも、貴子は友人にも母親にも恵まれているので、
この悩みが、すごく些細なことじゃない
って思ってしまいました


高校ってもっとどろどろしてません
恋愛も友情も。

この本に出てくる登場人物たちはピュアすぎて・・・
中学生ならまだしも。
唯一性格が悪いと描写されている生徒も、
まだ可愛らしいもんだと思います。


悪くはないし、最後兄弟2人が分かり合うシーンは
なんだか気持ち良かったです。


だけど、こういう特殊な状況では、
ついあんなこと言っちゃったと、後悔する場合が多いと思うので、
そうならなかったかと余計な心配をしてしまいました(笑


読み終わって何か胸に残ったり、
何か思ったりするようなことはなかったです。
ハイ・アンド・シーク 2009/03/24

 


怖そうなイメージがあったので興味なかったんですが、
「結末を教えないでください」の一文に惹かれました
こういうの弱いので(笑

最初っから陰鬱でおどろおどろしい雰囲気ですね
ダコタちゃんがすごくハマり役でしたね
可愛らしい子だと思っていたのに、
すごぉ~く不気味な子を演じています


でも結末が最低最悪。
イマドキ
「結末を教えないでください」て・・・逆に笑えますね
ていうか似たような文句が使われた映画知ってる(笑


もしかして更なるどんでん返しが・・・
と期待した(そうなる気がした)けどなかったです。

この結末にするための設定がひどすぎるのは、
結末に驚いた観客が見逃すとでも思ったのでしょうか
とにかくひどいですよ
彼がああなった理由は省いたほうがまだマシだったのでは
浮気に嫉妬して狂って殺して心を病んだという設定は、
あまりにも無理がありすぎると思います。
しかも心理学者で結構すごい先生なのに・・・。



それにダコタちゃんや他の役者は良かったけど、
肝心のロバート・デ・ニーロの良さが出ていません。

こんな映画に大金払ってデニーロを起用しなくても
よほど自信があったのかな、監督・・・。
デニーロも仕事選んでくださいって感じです。


映画の雰囲気とダコタちゃんが良かったので2つ。
ストーリーとしては1つです。

本当にもったいない映画でした。
結末以外良かったのにぃ・・・
陽気なギャングの日常と襲撃 2009/03/23

 


早速借りてきました
前作がとてもおもしろかったので、だいぶ期待していましたが、
期待を裏切らない作品でした


会話のおもしろさは前作以上かな
前作ではニヤリとするだけだったのに対し、
こちらはぷっと吹き出してしまうこともありました


でも雪子や祥子がなんだか影薄い気がしました。
雪子は一応活躍はしてるんだけど、
肝心の事件に関してはあまり・・・。
慎一も出てこないし。


演説もないし、全体的な構成からしても、
前作のほうが良かったように思います。

ラストも前作みたいにいいと思わなかったし


でも、途中までは前作よりおもしろいかも
と思いながら読んでいました


続編希望
リトル・ミス・サンシャイン 2009/03/22

 


典型的なダメ一家
娘のオリーブだけがにこやかで愛らしい
ただ、あのお腹が本物なのか作り物なのか、
映るたびに気になりました(笑


最初の食事のシーンではバラバラな家族に辟易しつつ、
それでもワクワクしていました
オリーブが一家の希望の光のように思えるので、
期待が湧きます

それにその食事の最中にかかってきた電話で、
ミスコンに出れると知ったオリーブがはしゃぎまくるので、
(他の家族はちょっと険悪な雰囲気なのに)
この家族はオリーブを叱るのではないかとドキドキしたんですが、
そうしなかったので、この家族なら大丈夫と確信しました(笑


会場に向かう途中に色々起こるトラブルはおもしろいのですが、
本当に続々と起こりすぎるので、途中ちょっと飽きてしまいました。


でもラストで挽回
コンテストのオリーブの番では、
ネタバレになるので詳しくは言いませんが
爽快で感動的でもありました

その少し前のシーンで、レベルが違いすぎる出場者に
オリーブが傷つかないよう出場を止める家族にも感動
負け犬になるなとあれだけ言っていた父まで


最後のほうは良かっただけに、
途中で飽きてしまったのが残念です
神のふたつの貌 2009/03/21

 


貫井さんは久々な気がする・・・
と思ったら7月以来読んでいないようで

相変わらず読みやすいですねぇ

信仰心の厚い人が出てくる本は苦手なのですが、
これは不思議と嫌悪感が全くなかったです


でもなぁ・・・
はっきり言って一章目から何か違和感を感じ、
二章目で一章目で感じた違和感の理由と
大体のトリックがわかり、
三章目の始めのほうでトリックを確信してしまいました

で、そのトリックに揺るぎない自信があったので、
それを踏まえて読むとなんだか寒々しい気分

騙そうと必死すぎるだろ
とイラ立ちに近いものがありました。

私が鋭いのではなく、かなりわかりやすくしてあるし、
こういった形式にする必然性はありません。
でも、作者は騙す気マンマンな感じです。
それがちょっと痛々しい

他の作品でも感じたことなのですが、
ご都合主義がひどすぎます・・・

こんな偶然絶対にないよ
あったとしてもミステリに取り入れちゃダメだよ

解説では洗練に欠けると言いつつ好意的に捉えているけど、
(悪く言えないんだろうけど)
ミステリという体裁をとった以上、
何度も同じことを繰り返さないでほしいです


作品の雰囲気は良かったんですが
陽気なギャングが地球を回す 2009/03/20

 


タイトルから予想できる通りコメディ的な作品でした。
コメディ映画を観ているような気分で楽しめました


嘘発見器男・演説大好き男・動物愛護者でスリ男、
それに紅一点の精巧体内時計女という設定からしておもしろい


主人公たちは非道な人間って感じではないのに、
銀行強盗をすることへの罪の意識は0。
仲間の息子や嫁までが強盗を容認しているという・・・笑


声を出して笑うような作品ではないけど、
時々ニヤリとしてしまう感じ。


先が気になる締め方をしておいて、
次の章(次にスポットの当たる人の話)では
過去の話をして先へ進んでくれない・・・
というサディスティックな構成だったりするのに、
その話も楽しいので、進まないことにイラついたり、
もどかしさを感じることはなかったです


前に読んだ本もそうだったけど、
伏線がわかりやすく先が読めてしまい、
驚きは薄れてしまうのに惜しいとか思わないです
不思議なんですけどね


本人たちは軽いけどスリルもあるので最後まで飽きません。

ラストもかなり好き
続編もあるようなので、そちらも楽しみです
ガリレオの苦悩 2009/03/19

 


湯川シリーズは私には合わないようなので、
期待せずに読んだんですが、
短編のシリーズでは1番良かったです

今作からドラマの柴咲コウがやってた内海が出てきます。


最初のほうは前にも感じたように浅くて、
つまらないという程ではないけどおもしろくもないんですが、
最後の話「撹乱す」だけは少し興味を持って読めました

終わり方も良かったし


でも良かったのは最後の「撹乱す」だけで後は普通でした。

やっぱり私は科学で解明というのはおもしろくないですね。
あっそーって感じだし理解したいとも思えないし。。
何より短編のミステリはこの作品に限らず浅いので、
あまり好きじゃないです。
不夜城 2009/03/17

 


興味なかったんですが、Amazonでの評価が良いので
読んでみました


でも私にはさっぱり良さがわかりません。。
(元々マフィアとかヤクザとかの話は好きじゃないんですが

先が読めすぎて意外性が全くなく、おもしろくないです。
夏美の正体もそうだし、裏切りもそうだし、
結末もどちらかがこうなるんじゃないかなぁ・・・
と思っていたらそうなりました
ただ、どちらかといえば逆を予想してたけど

ありきたりな小説ではないと思うので、
(少なくとも、私は読んだことがない気がする)
なぜこんなに予測どおりになるのか不思議なのですが
Amazonのレビューも、星の数を見ただけで、
レビューの内容までは読んでいないし。


それに内容的にスピード感がなきゃおもしろくないのに、
この作品にはそれがないです。

過去語りすぎだし、マフィアについての説明みたいなのが、
えぇ、ここで・・・
といった感じに入ってきます


おもしろいと一度も思うことなく終わりました
長かった・・・。
仏果を得ず 2009/03/15

 


三浦しをんは以前から気になっていた作家さん
パラパラ~っと読んで好みじゃなさそうと思ったけど、
近所のボロ図書館にはこれしかなかったので借りてきました。


登場人物のイメージが、直接的に書いてあることと
重ならなくてずっと違和感がありました。

主人公は10代の若僧って感じ(実際は30歳くらい)だし、
銀大夫はいくつか知らないけど結構年寄りらしいのに、
30代後半~40歳くらい程度のイメージしかなかった
全員ではないけど、その他の脇役も然り。


そこが不満でしたが、全体的にはおもしろかったです

義太夫というものを全く知らなかったので、
そこら辺はあまりおもしろいとは思えなかったのですが、
でも義太夫じゃないと、演じている人物を理解できない健の葛藤や、
自分の経験と重ねて理解し、
義太夫として成長していく様子は見られないし、
他の職種じゃダメなような気もするので、
やっぱり無知な自分が悪いということになるのかなぁ

ちなみに義太夫っていうのは浄瑠璃の一種だそうです。


義太夫、一度観てみたくなってしまいました

これの続編も読みたい
鴨川ホルモー 2009/03/14

 

鹿男あをによしが良かったので、気になっていた作家さん。

文体や雰囲気は鹿男そっくりですね
でも、これはなかなかハマれませんでした。

得体の知れない「ホルモー」に興味を持てず・・・

つまらないんじゃないけどハマれず、=読むのがめんどくさい
って感じになってしまったので、
ホルモーが始まるまですごく退屈でした。


ホルモーを理解できたらおもしろくなるんだろうなぁと思っていたら、
案の定でしたよ
ホルモーが始まってからは一気に読みました


理解する前も、ホルモー競技の設定は
おもしろいなぁと思ってはいたんですけどね。
レーズンとか(笑


早良京子ムカつく
と思っていたら、主人公が読者に対して
そう思っている人もいるだろうが・・・
ということを語りかけていたので、なんだか解消されちゃいました(笑


ギャグ小説みたいで楽しめました


でも、この表紙はダメでしょう
ネタバレしてる。
表紙に描かれているのが誰なのかわかった時点で
誰とくっつくのかわかっちゃう

恋愛の部分も大きいのに、結果わかってたので
こんなに伸ばしたってバレバレだよ
と白けた気分でした。
アヒルと鴨のコインロッカー 2009/03/11

 


タイトルからして明るい感じを想像していましたが、
ペット殺しが軸になっているので、
結構重たくて嫌な気分になることが多かったです。


2年前と現在が交互に進むのですが、
オチや繋がりは結構わかりやすかったかなぁ
別に驚きは求めて読んでいないので私はいいんですが、
構成が少しミステリぽく、驚き(?)に近いものも
用意されているので、期待しちゃった方には物足りないかもなぁ
と思いました。


すごくおもしろかったのですが、
正直どこを褒めたらいいかわかりません
この作品に関してはキャラクラーもそれほど魅力を感じなかったし。

私によくある、文章の雰囲気にやられたのかもしれません(笑

とにかくおもしろかったです


でも、最後はもっと説明を
と思ってしまいました。
軸は2年前のペット殺しだけど、
現在が完結すればいい、みたいな終わりでした。
そういう意味でこの作品はミステリーだったのかな、と思いました。

気になるのは現在より過去だし、
河崎についての最後があまりにもアッサリしすぎてる

そこだけもうちょっとした説明を足して欲しかった
結末も良かったので、そこだけ残念


伊坂さんの独特な世界観・独特な文章のリズム、
今は好きなんですが何冊も読んだら飽きるんじゃないかと、
若干心配です


ところで、ブータンってそんなにマイナーな国ですか
どこにあるのか、何があるのかわからないってのはともかく、
名前すら知らない人がそんなに多いとは思わないので
その辺首を傾げながら読みました
ダレン・シャン バイパイアの試練 2009/03/10

 


シリーズ5作目
4巻はおもしろくなかったけど、気になる終わり方だったので
読むのを楽しみにしていました


しっかし、またこれもいいところで終わってますね
私、こういうのがダメなのです。
読みきりでないマンガは出てすぐには買わず、
ある程度まとめて買うしね


今回は4巻と違っておもしろくないということなく、
楽しめました
しょうがないけど、バンパイアの世界だけってのが
ちょっと物足りない感じではありましたが。

どんだけ融通利かないんでしょうね
バンパイアの世界は
こんな厳しいとこで暴動が起きないのが不思議です(笑


普通に楽しめたけど最初の頃と比べると
ハラハラドキドキワクワクな気分は小さくなっていますね・・・
ファミリーポートレイト 2009/03/09

 


桜庭さんは今最も注目している作家の一人なので、
すごく楽しみにしていたのですが、
この作品からは何も得られませんでした

私は桜庭さんの書く文章がすごく好きで、
今まで読んだ2冊は、内容が好きかどうかはともかく、
本に心がめりこむくらいな勢いで魅入られてしまったのですが、
この作品では本を読むおもしろさというのを感じなかった
出だしはさすがと思ったんだけどな。

それが一番ガッカリです

崇高さを狙っているような、高みから語っているような
押し付けがましさを感じ、むしろ楽しくなかった・・・
第二部はなんか作者の張り切りすぎたようなウザさがあったし。


コマコには一瞬たりとも感情移入せずに終わりました。
可哀想な生い立ちなのに、それでも一瞬たりとも。
痛々しい描写が多いのに、心揺さぶられずに読み終えました
どうしてこんなに現実味がないんだろう。
この本の中の世界は私たちが生きている世界と変わらない世界なのに、
リアリティを全く感じません。
こんなにも現実感のない本って珍しい気がします。
現実じゃありえないファンタジーや、
現実にあったら嫌なミステリでももっと現実味があると思う。
私はこの現実感のなさが気に入りませんでした。


コマコが母に一方的に抱いているねっとりした感情も、
なぜそう思うのか理解しがたいし、
虐待についても、何か違和感を感じます。
というよりほぼ全てに違和感(笑


長くて後半かなり飽き飽きしながら読み、
結末もあまり良いと思いませんでした。


さっき読み終わったばかりですが、特に心に残るシーンもないです。
数日したらもう忘れてしまいそうです。
内容が無理だった私の男でさえ未だに残ってるんですけどね。
ていうか嫌だったのに、続編を読みたいと思っています(笑


最低の駄作とは決して思っていませんが、
私には良いシーンも何もなかったです。
期待しすぎたのもあるかもしれないし。


次に読む作品は楽しめるといいなぁ
チーム・バチスタの栄光 2009/03/06

 


ドラマを観ていましたが、なんかしっくり来ない結末だったので、
原作も読んでみることにしました


田口の、気障っぽい言い回しがねちっこくてすごくウザイです
ふざけた奴なのでますます合ってないんですけど。

それに、余計なこと書きすぎ
いらないことを肉付けして書く作家って結構いるけど(宮部さんとか)
演出って感じなのでまだ許せる。
でも、この作家はほんっとうにいらんことを書く・・・
田口の過去とかどうでも良すぎる。
しかも、どうでも良すぎると読む前から
わかってしまうって、ある意味すごい。

無駄話が始まるのときはわかりやすいです。
あ、無駄話が始まる・・・って思いました(笑
飛ばしたくてイライラするんだけど、
なんかあるかも・・・と思うと読んじゃうんですよね。。

けど、全く読む必要がなかったので、
これから読む方、飛ばして大丈夫ですよ


文章でイラついたのは、久々な気がします。


それがなければそんなにひどくはないけど、
こんなに話題になったのが不思議なくらい、
おもしろくはなかったです。
文章の気に入らなさを除いたとしても。

正直褒めるところが見当たりません。
あ、でもキャラ分けはまぁできていたかと。
ちょっとかぶる人いたけど・・・。


しっくり来ない部分はあったとしても、
ドラマのほうがよくできていたと思います。

というか、こっちのほうがしっくり来なかった・・・。


正直、1つにするか迷ったくらいです。
百舌の叫ぶ夜 2009/03/04

 


テロ物は好きではないのですが、
これはかなりおもしろかったです

サスペンスだけど、ミステリっぽさもあります
かなりヒントがあるので、百舌の正体だけはわかりました
当たったときの爽快感はやっぱ気持ちいいですね
突飛な考えではありましたが(笑


時間軸がめまぐるしく変わるのですが、
読みにくさや混乱はありませんでした。

だけど、誰が何をしてそうなったか、
というのがわかりにくかったです。
読み返してもわからなかったり・・・。
勢いのある場面なのでスピード感を出すために
簡潔にしたのかもしれませんが、
勢いのある場面だからこそわかりやすく書いてもらわないと、
勢いが殺されてしまうので残念でした

これがなければ、4つでした

逢坂剛さん、もっとたくさん読んでみたいと思います。
これはシリーズ第一作らしいです。
二作目はどれかな~と検索していたら、ショッキングなことが
ネタバレってほどじゃないんだろうけど。
美希が、倉木美希と紹介されている・・・・・・
てことは、倉木と結婚したってことね・・・
読む前に知りたくなかった
けど、今作では美希が倉木と結ばれたがってるっぽいとこが、
なんだコイツって悪印象だったので、
次に繋がっているなら多少納得はいくかもです



ちなみに続きは

・幻の翼
・砕かれた鍵
・よみがえる百舌
・鵟の巣

の順になるようです。
百舌シリーズの序章的作品で「裏切りの日日」というのがあります。
あらすじを読む限りだと、これを先に読んでから
百舌の叫ぶ夜を読んだほうが良さそうだと思いました。













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。