・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
猿の詩集 2010/12/28

  ★★

著者:丸山健二


奇想天外なファンタジーが日本社会の真実を衝く!
老いた白猿の肉体に呑み込まれた兵士の魂が、
戦後日本の変貌を目撃し、詩人の魂が「猿の詩集」を編む──
丸山文学の頂点を示す傑作!



長いしクセのある文体なので、苦手意識感じる方も多いかもしれません。
私も、パラパラめくった感じではおもしろそうだと思ったんですが、
ちゃんと読んでみると結構しんどくて・・・。

ですが、挫けずに読んでみるとなかなかおもしろいです。

戦争で上官に殺された主人公が、猿の姿となって、
その人々の生活を見続けているという話です。


戦争に生き残った人々たちの、前を向いて歩んでいこうとする姿を
目の当たりにしている主人公の気持ちがリアル!

でも、主人公すごく可哀想なのに感情移入とは全然しなかったです(笑
なんていうか・・・粘着質で鬱陶しいかも。

上巻を読み終えたときは、途中で投げなくて良かったー、
結末どうなるんだろう、って、いい印象しかなかったのですが、
下巻は半分くらいでしんどくなってしまいました。

主人公は、自分を殺した上官と自分の母親に強い憎しみを抱いていて、
何度か復讐しようとするんですよ。
でも、途中でもしかしたら悪いやつではないのかもしれない、
自分はなんという人道に外れたことをしようとしていたのだ・・・
と後悔もします。

これが何度も繰り返されます。

・・・うんざりです。


結末とかもどうでも良くなってきます。
一応読みきったけど、疲れました。
スポンサーサイト
乙女の密告 2010/12/28

 ★★★

著者:赤染晶子


京都の大学で、『アンネの日記』を教材にドイツ語を学ぶ乙女たち。
日本式の努力と根性を愛するバッハマン教授のもと、
スピーチコンテストに向け、「一九四四年四月九日、日曜日の夜」の暗記に励んでいる。
ところがある日、教授と女学生の間に黒い噂が流れ…。
(わたしは密告される。必ず密告される)
─第143回芥川賞受賞。



芥川賞とは知らずに読みました。
タイトルがもう私に「買え」と言ってました(笑
そのくらいツボ。

はっきり言って、センスのない装丁に昭和の作品だと思ったほどです。
なんなんでしょ、このセンス。絶対手抜き。


ユーモアのセンスが好きです。
ふざけた感じが、わざとらしいんだけど狙って感じがしない、
素敵かもしれないと思ってしまいそうな感じ(笑


ただ、「言葉を見つける」っていうのがなんか・・・
なんで変に気取ってしまったのと思いました。

暗誦というものに燃えたことがないせいなのかわかりませんが、
自分の言葉で語るのではなく、暗記するだけなので、
いつも忘れてしまう箇所を言えたというのは、
「言葉を見つけた」のではなく、ようやく「覚えていられた」だけじゃんって
私は思ってしまいます。

ユーモアのセンスが好みだったので、
変に気取った空気に引いてしまいました。
モムチャンダイエット 2010/12/24

 ★★★★★


チョン・ダヨン、40歳。韓国で“モムチャン”ブームの火付け役となる。
「モムチャン」とは「健康で美しい肉体」という、
韓国で彼女のためにつくられた言葉。



遅ればせながら、モムチャンダイエットにチャレンジ。

まず書籍のほうですが、チョン・ダヨンのダイエットに対する考え方が、
私の考えに近いので、この人のやり方ならついていける
と思いました。

リバウンドを防ぐためにも続けることが1番大切なので、
無理な我慢はしない。
その代わり運動は頑張り、細いだけでなく程よい筋肉もつけて
衰えにくい身体を目指す。
細くなるだけが目標ではないので、体重は気にしなくてOK。

元から痩せている人ではなく、
ダイエットに成功し、何年もリバウンドせず維持している人なので、
説得力のある本だと思います。


そしてDVDですが、DVDBOXも出している人なので、
画質の粗さからもオマケ程度のものだとは思うのですが、
普段運動をしない人にとっては、これで十分だと思える内容です。


短いけど、一通りやれば汗が吹き出るほどの運動になりますし、
全身をくまなくトレーニングできていると実感できます。


普段から運動している人には余裕過ぎるかもしれませんが、
運動入門の方には、すごくいいDVDだと思います。


私の場合ですが、こういう短時間でできるエクササイズは、
最初から最後まで通しでできることで充実感も味わえます。


もっと慣れたら、DVDボックスの購入も検討してみようと思っています。
折れた竜骨 2010/12/24

 ★★★+

著者:米澤穂信


ロンドンから出帆し、波高き北海を三日も進んだあたりに浮かぶソロン諸島。
その領主を父に持つアミーナはある日、放浪の旅を続ける騎士ファルク・フィッツジョンと、その従士の少年ニコラに出会う。
ファルクはアミーナの父に、御身は恐るべき魔術の使い手である
暗殺騎士に命を狙われている、と告げた…。
自然の要塞であったはずの島で暗殺騎士の魔術に斃れた父、
“走狗”候補の八人の容疑者、いずれ劣らぬ怪しげな傭兵たち、
沈められた封印の鐘、鍵のかかった塔上の牢から忽然と消えた不死の青年─
そして、甦った「呪われたデーン人」の襲来はいつ?
魔術や呪いが跋扈する世界の中で、「推理」の力は果たして真相に辿り着くことができるのか?
現在最も注目を集める俊英が新境地に挑んだ、
魔術と剣と謎解きの巨編登場。



ダークファンタジーとミステリの融合でしょうか・・・。
どちらかというとファンタジーの要素が強いです。

おもしろいのですが、ファンタジーであり謎解きでもあるということで、
現実的でない推理にはあまり興味を持てず満足できませんでした。


特に最後のニコラがした推理はわかりにくくて、
何度も読み返したのにわからず、
諦めて進めたら初めてわかるという風になっていたので、
ちょっとイラッとしました(笑


ダークファンタジーとしては楽しかったのですが、
ちょっと米澤さんに求めるものとは違ったので、
ファンタジーとしてもあまり魅力的な本ではなかったです。

でも、最後は悲しい終わり方をしますが、
あまり悲壮感がなく、読者の涙を誘おうとするものではなかったので、
その辺はやはり、米澤さんっていいなぁと再認識できる点でした。
早雲の軍配者 2010/12/14

 ★★★★★

著者:富樫倫太郎


伊豆・相模の地を平定した北条早雲の次なる策は、
周辺諸国から領地を守る次世代の指導者たちを育てること。
風間一族の少年・小太郎は学問の才を見出され、
早雲の直弟子として日本最古の大学「足利学校」へ送り込まれた。
若き日の山本勘助らと机を並べながら兵法・占術・陰陽道・医術・観天望気・軍陣の作法など、
戦国大名のブレーン「軍配者」に必須の学問を修めた小太郎は、
やがて戦場で友たちと再会する…。



最高でした
私は、戦国時代の話って少し苦手なんです。
最終的におもしろいという評価になったとしても、
冒頭から興味を抱けるものって少なくて、最初はつまらないけど、
盛り上がったところから一気にワクワクして、結果満足な一冊になるという感じ。

最初から、最後までずーっとおもしろいと思えたのは、これが初めてです。
中盤もどこも飽きるということが少しもなかったです。


小太郎はもちろん、登場人物が全員魅力的。
小太郎に敵対する人も数人いて、憎らしいやつではあるのですが、
その人はその人で、憎らしいながらも人間らしくておもしろい。

唯一物足りないのが、冬ノ助、勘助の他に足利学校で出会ったもう一人の友人。
名前すら覚えていない、地味な存在。
大切なものを小太郎に送るほどの絆が描かれていません。
むしろ、私はこいつは何か損得を考えて接していると思っていたので・・・。

まぁ、本当に小さな不満ですけど。
こんな小さな不満は書く必要ないのですが、
他に不満がなさすぎて、ちょっと気になったのです(笑


今まで軍配者がどんなものなのか、それすらよく知らなかったのに、
かなり興味が湧いてきました。
武将ではなく、脇役であるはずの軍配者に、
よくぞ目をつけてくれたと思います。
ぜひ続編も読みたいですいや、読みます。
旧怪談 2010/12/11

 ★★★

著者:京極夏彦


江戸時代に聞き集めた、怪しい話、奇妙な話。


江戸時代の怪談を焼きなおしした作品集のようです。

なんだか中途半端な話ですが、かえって雰囲気があって良いです。
でも、すごく良いと思える作品はひとつもなく、
暇つぶし程度の読書タイムになってしまいました。

なんでこの言葉使っちゃうの?というような、
現代的なカタカナ言葉が使われているのもマイナス。
クーリングオフとか・・・どう考えてもおかしい。
夜回り先生 2010/12/11

 ★★★+


不登校、ひきこもり、リストカット、薬物乱用…。
12年間夜の街を回り、5000人の生徒と向き合った「夜回り先生」が、
激動の半生を振り返る。

なぜ夜の街の子どもたちが、水谷先生にだけは「心をひらく」のか?



なんでか泣けそうになります。
どんな相手でも受け入れて守ろうとする先生に感動するのかなぁ。
もっと若い頃に出会いたかったなぁなんて思いました

正直個々の話はおもしろくはないのですが(笑


どういった経緯で「夜回り先生」ができていったのか、
過程も興味深いです。
少しスレてた時期もあったみたいだけど、
先生自身、過ちを受け入れることがすんなりできる性質のようです。
さすがに省いて書いているのだろうけれど。

他にも出ているようなので、また読みたいです。
2010年11月読了本 2010/12/08

11月の読書メーター
読んだ本の数:14冊
読んだページ数:4817ページ

愛しの座敷わらし愛しの座敷わらし

読了日:11月30日 著者:荻原 浩
少女 (光文社文庫)少女 (光文社文庫)

読了日:11月27日 著者:連城 三紀彦
蒲公英草紙 常野物語 (常野物語) (集英社文庫)蒲公英草紙 常野物語 (常野物語) (集英社文庫)

読了日:11月27日 著者:恩田 陸
オリンピックの身代金オリンピックの身代金

読了日:11月25日 著者:奥田 英朗
偶然の祝福 (角川文庫)偶然の祝福 (角川文庫)

読了日:11月20日 著者:小川 洋子
アルテミス・ファウル―妖精の身代金 (角川文庫)アルテミス・ファウル―妖精の身代金 (角川文庫)

読了日:11月19日 著者:オーエン コルファー
深追い (新潮文庫)深追い (新潮文庫)

読了日:11月18日 著者:横山 秀夫
戻り川心中 (光文社文庫)戻り川心中 (光文社文庫)

読了日:11月15日 著者:連城 三紀彦
河童 (集英社文庫)河童 (集英社文庫)
表題作は苦手。
読了日:11月14日 著者:芥川 龍之介
明日の空明日の空

読了日:11月13日 著者:貫井 徳郎
QUIZ/完全版QUIZ/完全版

読了日:11月11日 著者:緒川 薫
考えない練習考えない練習

読了日:11月11日 著者:小池 龍之介
カッコウの卵は誰のものカッコウの卵は誰のもの

読了日:11月07日 著者:東野 圭吾
あんじゅう―三島屋変調百物語事続あんじゅう―三島屋変調百物語事続

読了日:11月01日 著者:宮部 みゆき

読書メーター
GOSICK 2010/12/02

 ★★+

著者:桜庭一樹


前世紀初頭、ヨーロッパの小国ソヴュール。
極東の島国から留学した久城一弥は、聖マルグリット学園の図書館塔で
奇妙な美少女・ヴィクトリカと出会った。
彼女の頭脳は学園の難事件を次々解決してゆくが、
ある日ヴィクトリカと一弥は豪華客船に招待され、
そこで本物の殺人事件に遭遇してしまう。
やがて彼ら自身に危機が迫ったとき、ヴィクトリカは─!?
直木賞作家が贈る、キュートでダークなミステリ・シリーズ。



元々ラノベだったそうで、確かに軽いです。
キャラ読み的な要素が強い・・・というか狙ってるなぁと。
なので、キャラが好きか嫌いかでこの作品の評価が
ガラッと変わると思います。
私は「普通」だったので、あまり関係ないですが(笑

その代わりゴシック・ヴィクトリア調な感じはとても好きです。


事件もまぁまぁおもしろいのですが、
脈の止め方があまりにも有名すぎて、
今どきこの手を使ってくるか?とちょっとビックリでした。

それにこういう場合、脈だけで死んでるかどうかの確認なんてしないよね(笑


微妙ではありましたが、時代が好きで結構楽しめたので、
シリーズ読破したいと思います。
愛しの座敷わらし 2010/12/02

 
著者:荻原浩


生まれてすぐに家族になるわけじゃない。
一緒にいるから、家族になるのだ。
東京から田舎に引っ越した一家が、座敷わらしとの出会いを機に
家族の絆を取り戻してゆく、ささやかな希望と再生の物語。



稚拙な文章にびっくりしました。
ラノベならわかるけど。

家族がはっきり座敷わらしを確認するところまでは
頑張って読もうと思ったんですが、無理でした。
少女 2010/12/02

 ★★+

著者:連城三紀彦


「わたしと寝ない?」少女が突然、声をかけてきた。
噂に聞く援助交際だ。金はなかったが、やりようがある。
行為を果たした後、隙をつき少女から二万円を盗み取り、逃走した。
が、その札番号が郵便局強盗の奪った番号と一致、警察に連行される。
やがて、強盗の容疑は晴れるが、納得のいかぬ男は、少女を探し―!?
「少女」ほか逆転の妙に充ちたサスペンス4編を収録。



やっぱりこの作家さんの文章は好きなほうです。
今作はすごくいいとは思わなかったんですが。

ストーリーのつまらなさが目立っていたかもしれません。
官能的なんですが、連城さんにはもっときれいに描いてほしかったなぁと。
サスペンスとしても中途半端でした。


それから、少女というタイトルをつけているのに、
少女が出てくるのは1編だけ。
収録作品からつけているとはいえ、ちょっとどうかなぁと思いました。
蒲公英草紙 2010/12/02

 ★★★+

著者:恩田陸


青い田園が広がる東北の農村の旧家槙村家にあの一族が訪れた。
他人の記憶や感情をそのまま受け入れるちから、未来を予知するちから…、
不思議な能力を持つという常野一族。
槙村家の末娘聡子様とお話相手の峰子の周りには、
平和で優しさにあふれた空気が満ちていたが、20世紀という新しい時代が、何かを少しずつ変えていく。
今を懸命に生きる人々。懐かしい風景。待望の切なさと感動の長編。



私の好みとは少しズレていると思っていた恩田さんですが、
現代的なイメージでないものは結構ハマるのかも。
雰囲気が結構好きです。


でも、「不思議な能力」はなんだかおもしろくなかったです。
情景が浮かびにくくてわかりにくいし、
とこの一家、母親をあんな風にひた隠しにしたわりに、
あっさり能力を白状してしまうし、拍子抜けでした。

でも、主人公、聡子さま、その他人々の性格や感性がそれを補っていると思います。
私としては、言い方がそぐわないのですが、
キャラ読みと言っていい作品かもしれません。
特に聡子さんは、いいですね~。
この時代の人だからこそ、美しさが際立つ。


聡子さんはお嬢様だけど、その家族も含め嫌味なところがないので、
あったかな気持ちで読めます。
オリンピックの身代金 2010/12/02

 ★★★+

著者:奥田英郎


昭和39年夏。10月に開催されるオリンピックに向け、
世界に冠たる大都市に変貌を遂げつつある首都・東京。
この戦後最大のイベントの成功を望まない国民は誰一人としていない。
そんな気運が高まるなか、警察を狙った爆破事件が発生。
同時に「東京オリンピックを妨害する」という脅迫状が当局に届けられた!
しかし、この事件は国民に知らされることがなかった。
警視庁の刑事たちが極秘裏に事件を追うと、一人の東大生の存在が捜査線上に浮かぶ…。
「昭和」が最も熱を帯びていた時代を、圧倒的スケールと緻密な描写で描ききる、
エンタテインメント巨編。



すごく長かったです。
実際長いのですが、おもしろくて短く感じるということがなかったな・・・。
最初は本当におもしろくもなく、ただ読んでいる感じだったけど、
途中からハマッたのに


刑事や犯人の友人などの視点で現在起きている事件が進行して、
その後、過去に遡って犯人の視点で、
どういった経緯で犯行に及ぶに至ったかが明かされていきます。
徐々に現在と過去の間隔が狭まって、ついに、交錯・・・

うまいわぁ~


真面目な東大生がこんな大きな事件を起こすとは思えず、
まさかどんでん返しとかあるのかな~とか色んな想像をさせられました。


驚いたのは、国家が、最後まで国民にこのとんでもない事件を
隠し通したこと。
国民がパニックになることはもちろんだけど、
第一はお偉いさんの保身のため。

日本の権威を見せ付けられるなら、オリンピックを開催するため、
国民の命は、使い捨てにされていく・・・
労働者がいなければ開催することができないのに、
誰もその命を命として扱わないのが気持ち悪かったです。

でも、すごくあり得そう。

祝福された東京オリンピック開催の、醜い裏の部分がむき出しになっていて、
とても興味深く読みました。


すごい大作だとは思うのですが、いまいち国男と村田の絆が
感じられず、そのためこの結末には納得がいかないような・・・。

国男と村田がどうなったのか、その辺まで書いてほしかったです。
国男は果たして村田の行動をどう思ったか、気になる。
偶然の祝福 2010/12/02

 ★★★

著者:小川洋子


お手伝いのキリコさんは私のなくしものを取り戻す名人だった。
それも息を荒らげず、恩着せがましくもなくすっと―。
伯母は、実に従順で正統的な失踪者になった。
前ぶれもなく理由もなくきっぱりと―。
リコーダー、万年筆、弟、伯母、そして恋人―失ったものへの愛と祈りが、
哀しみを貫き、偶然の幸せを連れてきた。
息子と犬のアポロと暮らす私の孤独な日々に。
美しく、切なく運命のからくりが響き合う傑作連作小説。



さすが素敵な雰囲気を出してきますね!!
どうしてこんな文章が書けるんだろう・・・

どの短編も、すんごく良かったです。
ただ、幼い頃、短い期間とはいえキリコさんのような素敵な人と
出会っていたのに、大人になった主人公に人間らしさがないのが不満でした。
不倫するし、不倫相手に捨てられてもあまりショック受けていないようだし。
ストーカー被害に遭っても毅然とした感じ。相当キモいこと言われてるのに。

正直アポロと息子がいる必要性もわかりませんでした。
この人に犬や子供が愛せるのかな~愛してるのかな~って。
最後のほうで、大雨の日のできごとのために必要だったとわかりましたが。

話の内容は好きなんですが、主人公の感覚がどうも馴染めません。
子供時代は気になりませんが。

とはいえ、話が素敵(特にキリコさんの)なので、
全体的に好きではあったし、雰囲気作りが素晴らしいと思いました。

なのに、最後の最後で主人公が取った行動が気持ち悪くて仕方ありません。
最後にブチ壊されたようでした・・・。













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。