・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
コッペリア 2008/05/12

 

加納さん初の長編だそうです

まゆらドールという人形に魅入られた男たちと、
そのまゆらドールにそっくりな聖(ひじり)のお話。

私が勝手に思う加納さんの特徴は温かみのある優しい文章
なんだけど、これはそういうのないですね~
といっても、私は特別それが好きってわけじゃないので
どうでもいいんですけど、ファンの方のために一応書いときました(笑

前に読んだ「沙羅は~」はミステリのジャンルに入れられてることが
許せなかったけど、これはちゃんとした叙述ミステリですね
ネタバレなので伏字にしますが、貫井徳郎さんによくある(?)
タイムラグをトリックとして使っています。あと名前もかな


加納さんがこういう手法を使うとは想像もしなかったので、
ただ進行しているだけだと深く考えもしなかった自分が憎い
まんまと騙されましたよ

でも、この手法の使い方間違っているような気がするんだけど・・・
ちょっと気になりました
定義なんてないんだろうけど、中盤くらいでネタバラシしちゃって、
その後はサスペンス風に進んでいくだけなので、この手法を取り入れた
作品としては違和感がありました
簡単に言えば、このトリックはいらないような気がします

普通のサスペンスとして書いたほうがわかりやすくて
おもしろかったんじゃないかなぁ

でも私は純粋にストーリーがとても好きです
エピローグの終わり方もすごく好き
終盤ではバッドエンドを予想していたので、
そうならなくてほっとしました

読んでいる間ずっとまゆらドールがどんな姿形をしているのか、
とても興味があって、私までまゆらドールに魅入られてしまいそうでした(笑
余談ですが装丁も好き

加納さんのファンより、ミステリ好きな方におすすめします
スポンサーサイト
ローズガーデン | HOME | 星の王子さま
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/110-af26f27a














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。