・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
Alone together 2008/05/22

 

特殊な能力(作中の言葉では呪い)を持った柳瀬という男の話。

読みやすくて一気に読めるんだけど、
なんの話なのか、よくわからないです。
普通におもしろいんだけど。

他人の心とシンクロする(?)という特殊能力によって
人を救っていくのかと思いきや、あまり良い方向には
向かわなかったみたい
自分の汚い部分を受け入れることで前へ進める
というのはいいと思ったんですけどね~

特殊な力を持ったことで悩んでいるようではあるけど、
文章がサラサラと淡々と流れていくので、
その苦悩も伝わってきません。
恋人がいなくても友達がいなくても、どうしようもなく
大丈夫だと普通に書かれてますしね
やせ我慢してる感じがあるわけでもなくて。

ただ、幻覚が見えるほど病んでいるようなので、
そう理解しろってことですかね・・・
自分で病んでいることに気付かないことが、
相当病んでいる事だって。
でも、自分が知らないことを幻覚が喋っちゃダメだろ

読んでてどうなるのか続きが気になったし、
おもしろいんだけど読後にモヤモヤが残りました
もっとちゃんとテーマを決めて書いて欲しいです。

ちなみに、短編で感じた文章のくどさはだいぶマシ
セリフとかはやっぱりキザというか、
自分に酔っちゃってる感じがありましたけどね
スポンサーサイト
本好きへの50の質問 | HOME | 美女と野球
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/118-76786e5a














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。