・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
ベロニカは死ぬことにした 2008/05/27

 

タイトルに惹かれて購入してから約1年
やっと読了しました
買ってすぐにちょっと読んでみたんだけど、
読みにくかったから後回しにしちゃったのです

やっぱりド下手くそです文章。
近年訳されたものとは思えません

そのド下手くそな文章で心の問題やら人生やらを
説いちゃっているので超イライラする
中学生が、自分には経験がないし、
そんな風に思ってもいないけど、とりあえず
抽象的に書いとけば良く見えるよなー
とでも思って書いたような小説。
きれいごとばかり並べて中身がない。
ホントに中学生の思いつきで書いたような内容なんだけど・・・。

しかしそこはベストセラーマジック。
それでもラストには何かあるんじゃないかと、
最後まで読んだ私。結構飛ばしたけど。

その結果、ビリビリに引き裂きたくなりました

時間を無駄にして後悔したのってどのくらいぶりだろ
最後までくだらなくて、放心してしまった。

ていうかまず、変わり映えのない日常にうんざりして
自殺するとか、
馬鹿じゃないの
自分で変えようと努力も一切しないでアホくさ。

パウロ・コエーリョの本は「アルケミスト」っていうのが
読みたかったんだけど、どうしようかなー
とりあえず今は一緒に買わなくてよかったと思っています。
スポンサーサイト
クロスファイア | HOME | 失踪症候群
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/122-8b7935ab














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。