・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
誘拐症候群 2008/05/30

 

症候群シリーズ第2弾

失踪~を読んでいなくても普通に読めると思いますが、
読んでおけばよりわかりやすいと思います

今回は失踪~で環を除くと一番謎だった武藤が
クローズアップされています。

前作と違い、武藤だけチームの仕事に参加せずに
別の事件を追っているため、ほとんど彼中心。
もちろん環のチームの活躍もちょくちょく出て来ますが、
私としては少し物足りなかったです

でも色んな視点で少しずつ交互に進むので、
前作よりも更に引き込まれました

武藤が親しくなった高梨の生まれたばかりの息子が
誘拐されてしまうのですが、この高梨はかなりの御曹司。
身代金1億円を支払うためには、絶縁状態にあった
父親に頭を下げなければならないので、
そのために父親が計画した事件だと予想していました。
が、違いました
やはりどんでん返しはなしでした。
次の殺人~では、どんでん返しは一切期待しない事にします(笑

ちょっと気になったのはネットを使ったやり取り。
10年前って、ブロバイダが一緒ってだけで
個人情報がわかってしまってたんですか
ネットには全然詳しくないけど、簡単に一般人が
個人を探してしまうのでなんだかなぁと思いました。

警察がでっち上げで犯人を逮捕、というのも
・・・あ、今気付いたけど、環が仕組んだだけで
別に警察がでっち上げたわけじゃないのか
気付くの遅ッ

失踪~よりも悲しい結末になってしまいましたが、
私は嫌いではない結末でした。
スポンサーサイト
失踪症候群 | HOME | 殺人症候群
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/124-f18492b0














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。