・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
私が殺した少女 2008/06/22

 

読みたいと思っていた本だと思って借りたら、違いました(笑
読みたかった本のタイトルは「僕を殺した女」だった

シリーズ2作目のようですが、こんな理由で手に取ったので、
もちろん1作目は読んでいません

直木賞受賞作のくせに文章が下手で読みにくかったです
だった、あった、など、「た」で終わる文の連続ってイラつきます
個人的に、言い回しなどもかなりうざかったです

小説らしい小説を書こうとしているように感じました
悪い意味で。

内容は動機がちょっと微妙だったり、
犯人の言動がちょっとおかしかったりはしますが、
なかなかおもしろかったです

ちなみに犯人は特にわからなかったのですが、
一番最初に怪しいと思った人が犯人でした。
その人も特別怪しいと思ったわけじゃないんですけど、
ミスリードもなかったので、他に疑いを持てる人がいなかったです

娘が誘拐されたというのに、仕事の話をペラペラと
聞かれてもいないのに喋っているので、
本当は悲しんでないんじゃないかと疑いを持ちました(笑
まぁ、本当に悲しんでいたようなので、仕事の話をさせておくのが
作者の目的だったようですが、かなり不自然に思ったのは確か
この仕事の話に関しても、ゴーストライター(共犯者)を使っている
ペンネームまでペラペラペラペラ喋るので、
結末を知るとかなり強引で不自然な流れです


ストーリーはまぁまぁでしたが、文体が気に入らないので、
作風が変わらない限り、もうこの作家さんは読まないと思います。
スポンサーサイト
鉄道員(ぽっぽや) | HOME | 月曜日の水玉模様
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/137-922dddd3














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。