・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
容疑者Xの献身 2008/07/30

 

ガリレオの湯川が出てくるので、しまったと思い
調べてみたらシリーズ三作目でした
ガリレオも予知夢も読んでません
読んでなくても問題はなかったけど、シリーズの一作目は
最初に読みたいタチなんで

なんか評価の難しい作品だな~
おもしろかったんだけど、読んでいて突っ込みどころが多いし、
良い点をあげようと思うと「トリック」しか出てこない
違和感をもった点なら山ほどあるのに。
でも、おもしろかったの(笑

タイトルからして、石神がすることは読めていたけど、
更に捻りあるオチでした
読んでいてこのタイトル失敗だろ~と思っていたけど、トリックを知って、
むしろ先を読ませないための布石だったのかと思いました
その先なんて考えもしなかったよ私は。

ただ、このどんでん返しにはびっくりしたけど、
これが成立するなら世の中は完全犯罪だらけだろー
とすぐさま心の中で突っ込みを入れてしまうようなトリックでもあります。
いい加減すぎる捜査には無理がありすぎ
びっくりできたし、楽しかったのでいいけどさ。

それに捜査をちゃんとやったらこのトリックは
成り立たないし、本格ミステリと考えて諦めるしかないか(笑
本格って感じではないけど。(私的に)

石神が靖子たちを守る理由も、変人の数学者という点で
ごまかしている印象を受けました
推理小説では動機は二の次だけど、この作品の場合は納得できる理由が必要です。
この動機だと、普通にストーカーに近い気が・・・
せめて靖子が魅力的なら少しは納得できたのかもしれませんが
人を殺しておいて、恋愛や結婚に考えを馳せるような人に魅力を
感じろってのは無理な話です・・・。
しかも結局、石神の気持ちが「愛」だったのかは最後の説明で
よくわからなくなりました。

あと、娘についてはほとんど描かれていないくせに、最後は娘が
結構重要な行動を取るので、唐突すぎるように思いました

あー、やっぱりいいことが書けなかった(笑
でも、おもしろかったんです
スポンサーサイト
不安な童話 | HOME | 葉桜の季節に君を想うということ
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/157-ce9b99ca














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。