・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
死体を買う男 2008/07/28

 

歌野晶午の違う作品が読みたかったんだけど、
なかったのでとりあえず買った本(笑

私、乱歩読んだことないし話も興味なさそうだし、自分で買ったくせに
困ってたんだけど、読みたかった本が手に入ったのでやっと読みました。
もしそっちがつまらなかったら、余計こっち読むの嫌になりそうなので(笑
でも、読み始めたらおもしろかった

多分作中作のほうは乱歩風の文体で書かれているんだと思います。
今まで乱歩にまったく興味なかったけど、読んでみたくなりました

双子であること、作中作であること、
それから読んでいて関係なさそうなタイトルが
どう繋がっていくのかを考えながら推理しました。

でも、タイトル全然関係なくない
誰も死体なんて買ってないし
そこまで一生懸命推理したのにバカみたい私
ホントになんでこのタイトルにしたのか不明です
全然合ってません

不満はそれくらいかな~
人間模様が希薄だったような気もするけど、
本格なのでしょうがないか。

どんでん返しらしいどんでん返しはありませんでしたが、
一応あります
驚きはありませんでしたが(違和感ありありだったため、そうだろうな、
と思っていたので)普通に終わるより全然良かったです

作中作の荻原朔太郎もいいキャラだしおもしろかった
読みたかったっていうのが「葉桜の~」という一応代表作(?)で、
賛否両論のようなのですが期待して読んでみようと思います
スポンサーサイト
チルドレン | HOME | 不安な童話
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/158-e2993bde














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。