・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
日暮らし 2008/08/06

  

ぼんくらの続編です
本当はぼんくらを読んだ後すぐに読みたかったのですが、
まだ文庫本が出ていないのみたいで買えず、
図書館で返却待ちになってしまい遅くなりました
でもぼんくらはおもしろかったから、まだ頭に残っていて良かったです

といいつつ、「子取り鬼」で葵(佐吉の母親)が登場したとき、
まったく気づかず、後のほうで気づきました
名前を忘れていたとはいえ、私鈍すぎる
でも、葵がとても魅力的に描かれています

ぼんくらと同様、長編「日暮らし」より前の短編は序章になってます。
長編「日暮らし」は上・下巻を跨いで完結するので、
読むときは上下まとめてにしましょう

「日暮らし」での事件ですが、この犯人・動機では
面白味がないし、何より解決の仕方が大げさで興醒めしました
事件は二の次だと思っていたので、犯人と動機は
許せるんだけど・・・弓之助なら普通に犯人説得できたと思う。
それ以前の話での弓之助は気の回し方利かせ方が尋常じゃないくらいで
大人をも楽々手玉に取ってしまうので、余計にそう思いました。

それに弓之助、ぼんくらのときは好きだったんだけど、
今回はいいキャラだとは思えませんでした
女たらしになりそうで悲しいです

平四郎は目立つ活躍してなくて、
弓之助が主人公みたいになってるのもちょっと残念でした

でも、それ以外はぼんくらの続編だけあってすごく面白かった
佐吉は今回も可哀相な役回りで宮部ー
とちょっと思いましたが(笑
それより前の短編には佐吉とお恵(女房)の幸せそうな良い話も
あるんですけどね
ホント、お恵と幸せにやってほしいです

続編熱望
スポンサーサイト
THE 3名様(1) | HOME | イニシエーション・ラブ
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/162-20ca69dc














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。