・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
人魚の森/人魚の傷/夜叉の瞳 2008/08/15

 

これはギャグは全然ないです
どちらかというとホラーテイスト。
ホラーテイストといっても、ホラー苦手な私が気に入ったので
全然怖くはないと思います
犬夜叉に近いと思うので、犬夜叉が好きな人は好みに合うかも

人魚の肉を食べ500年以上生きている湧太(ゆうた)と、
同じく人魚の肉を食べてしまった真魚(まな)が旅をしていくのですが、
マナが生きていない数百年前のユウタの話や、
現代の話やら、時代はコロコロ変わっていくのですが、
人間の「生」への執着はどの時代も怖いです

自分が生きたいと願って人魚の肉を食べてしまう人よりも、
愛する人に生きて欲しいとか、そういう執着のほうに
薄気味悪さを感じました
私は不老不死どころか、長生きしたいとすら思っていないので、
不老不死を望む人の気持ちはわからないのですが、
大切な人に死んで欲しくないという気持ちはわかります。
でも、その人が不老不死になって不幸になることを考えたら、
絶対人魚の肉なんか食べさせたりできないと思うんですよね
なのに、食べさせてしまうから怖い
結局、自分のためだけに生きていて欲しいと考えているところが怖い

ユウタとマナ以外に不老不死になったしまった子供がいて、
すごく卑劣なやつなんだけど、一人でいたくないから
他人に人魚の肉を食べさせたりしていて、
ひどいことなのに切なくなってしまったりもしました

バッドエンディングも多いです。
高橋留美子は、らんまを母が買ってくれていたので
小さい頃から読んでいましたが、これは小さい頃には
読まなくて良かったかもしれません(笑
ちょっと子供にはグロいと思うので。

ちなみに、人魚の肉を食べて必ずしも不老不死になるのではなく、
「なりそこない」という怪物になってしまうこともあります。

人魚の森
人魚の傷
夜叉の瞳

夜叉の瞳で完結しているようですが、完結してないような
終わり方だったので、続編期待してます
元々、人魚の傷までだったのが続編で夜叉の瞳が発刊されたようですし

スポンサーサイト
鱗姫 | HOME | 模倣犯
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/173-adfc7abd














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。