・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
柔らかな頬 2007/12/04

  

この人の本は、作風が合わないというか・・・・・決して好きじゃないのに
古本屋で見つけると買ってしまう
初めて読んだ顔に降りかかる雨が良かったので、
期待を込めてその後も買ってるんだけどそれっきりいいのがないです


これはその中でも特に本当に大嫌いな作品です。
まず主人公が大嫌い
自分勝手な淫乱オバサンをどうやって好きになれと


挙句にこの結末ですか・・・
登場人物の想像で犯人が色々変わります。
そんで想像で終わってます


上下本になってます。結構長いです。
主人公にイラつきながらも、真相が気になって最後まで読んだのに
その仕打ちがこれか
ものすごく無駄な時間を過ごしてしまったと放心
直木賞ってマジー・・・

こんな気分の悪い読後感は久々
そろそろこの作者には見切りをつけようかな。
桐野さんは感情を描くのが下手だと思います。
感情が伝わってきません。

それ以前に主人公を好きになれないという・・・。
救いようのない結末の多い作家さんなので、やっぱり好みでしょうけど


ちなみに最初に読んだ顔に降りかかる雨はシリーズになっていて、
その主人公は最初は何となく好きだったんだけど、シリーズを読み進めるうち
やっぱり嫌いになってしまいました
スポンサーサイト
私が彼を殺した | HOME | 半落ち(映画)
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/18-4b8bf605














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。