・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
私の男 2008/09/20

 

ミーハーなので読んでみました(笑
花視点の章で、男性とは思えない
と思って念のため調べてみたけど、桜庭一樹って女性なんですね

養父ならまぁいいかと思って読んでいました。
文章に気味悪さが漂っていて、養父とのねっとりとした関係が
より強調されるような、だけどおかげで嫌悪感なく読めるような。
親子で恋愛なんて私としてはホント無理な内容なのに、
引きずり込まれたように読んでしまいました。

でも3章でまさかの裏切りと気持ちの悪い描写
おえ~
唾液を飲むシーンはホントきもかった
あ、これ書いて思い出したらまた気持ち悪く・・・笑

それでも相変わらず先が気になって止まらなかったけど
気持ち悪いのに読ませてしまう文章力はすごいです
文章に呑まれてしまうというか・・・うまくいえないけど。

これ、多分初めて見る手法なんだけど、
最初の章は1番最近のことで、章が進むにつれ過去に遡ってます。
花は最初の章で結婚するけど、淳悟と離れてどうなったんだろう
なんだか二人の関係は癒着したように離せない気がします。
二人は同じ闇にずっぽりと沈み込んでいて、這い上がるのは不可能なような。そんな感じです。
だって自分らの関係を壊さないために人殺しちゃってるもんね~
読み終わってみると1章のその後が気になった。

でもやはり私はこの手の話は気持ち悪いですね。
二人を応援したいとは思わないし、
最後の章で淳悟が最初に花に手を出したときは腹立ったりもしました。
どんなに想い合っていたとしても、やっぱ超えちゃいけないと思う。
けどそれより、気持ち悪い描写のほうが嫌でした

ただ、これまで1度も興味を持ったことのない作家だったけど、
文章が気に入ったので他の作品を読んでみようと思います
スポンサーサイト
ゴースト ニューヨークの幻 | HOME | ギャグマンガ日和
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/194-eabc4876














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。