・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
変身 2008/09/26

 

なんでこんなに有名なのか理解できませんでした
虫になったことに全く驚かず、仕事の愚痴を言う主人公。
いや、そんなこと言ってる場合じゃないだろ

なぜこうなったのか、という疑問なし。
どうしたら人間に戻れるのか、という懸念なし。

なので大半は真面目な作品のようには思えませんでした

それに、自分は虫になった兄の部屋の掃除をしないくせに、
勝手に掃除をした母親にはなぜ自分に任せないのかと泣く妹
意味がわからんよ・・・
他にも色々飛躍しすぎて登場人物のことが何も理解できませんでした。
そのため短いんだけど、かなり読みにくくて時間がかかりました。
スムーズに読めないのってイライラするんだよなぁ

表紙に書いてあるあらすじに、

第一次世界大戦直後のドイツの精神的危機、破局の意識からくる絶叫、忘我、新しきものの待望などを変身した男に託して描き・・・

とあるんだけど、なぜこんな解釈になってしまったのか(笑
もしそうだとしても、本編で触れてないことを書くなよ
こう解釈しなさいと強要しているようで嫌だ
解説が妙に長ったらしいのも嫌だ(笑
読まなかったけど・・・

って話がそれてしまいましたが

有名な作品だし、そのまま読んじゃいかんとなぜか思っていた私は、
虫になったグレーゴルはひきこもりとか、ニートとか、
そんなダメなやつだと想像しました。
そんな家族のお荷物を疎ましく思う両親と妹。
耐えられなくなった家族は、グレーゴルを殺してしまう・・・
もしくは、グレーゴルは自殺して、それにほっとする家族。とか。
昔はなかったかもしれないけど、現代的にはありそうな話では
こんな解釈はダメかな
変わり果てた息子・兄を見捨てる姿が、現代の家族の絆の脆さを
表してるように思いました

とにかく、面白くはなかったです。
「虫」という突飛な設定がウケて、現代にまで来ちゃったんじゃないか・・・
と思うくらい、何なのかわかりませんでした。
今はその気にならないけど、機会があれば他にどんな解釈をされているのか調べてみようかな~と思ってます。
スポンサーサイト
流星ワゴン | HOME | どんどん目が良くなるマジカル・アイ決定版
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/201-92df747e














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。