・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
ささらさや 2008/09/29



加納朋子さんの短編は私とは相性が悪すぎると思っていて、
これも買っちゃったから仕方なく読む・・・って感じでした

でも、これは感動しました良かったです

子供を産んで早々に夫を事故で亡くす可哀想なさやと、
うじうじして内気で身内もなく赤ん坊を抱えたさやが心配で
成仏できない旦那(名前出てこなかった気がする)の話なんだけど、
それにしても加納さんの本って、身寄りのない人多すぎません
気のせいかもしれないけど、あぁ、またか・・・って思いました

正直、さらが嫌いなタイプで、死んだ夫もあとで書きますが
些細な理由でちょっと嫌いで、更に羅針盤のない船を読んで
1つも星つけたくない・・・
と思ったんです
トリックがひどくって
田舎町に、同じチェーンのファミレスが2軒もあるなんて考えられないし、
あったとしても徒歩で行けるほど近くって事は絶対ないよ
しかも違う店に行って気付かない主人公にイライラ

けど、そのあとは良かったです
待っている女だけ、それでと言いたくなるような話だったけど・・・。

息子のユウ坊を奪おうとする、旦那の実家の家族には
腹が立ちっぱなしで、どうか法的な制裁を加えてください加納さん
と祈りながら読みました(笑
案の定、なかったけどね・・・

最初大嫌いだったさらも、最後には応援してました

あと、どうしても気になるのが「ささら さや・・・」です。
ささらっていうのは、さやが引っ越した先の地名なんだけど、
かなりおかしくないですか
例えば、津軽に引っ越した睦子さんだったら、
「つがる むつこ・・・」になるわけで。
このフレーズは旦那が出てくる見せ場といってもいいシーンなのに、
そんなことばかり気になっちゃいました

最後に、旦那がちょっと嫌いな理由。
「馬鹿っさや」っていつも言うんですよ。
名前に馬鹿をつけて、あだ名にして呼んでるってのが気に入らなくて(笑
というのも、私小さい頃に、兄に「馬鹿PEBO」という風に呼ばれていて、
いつも悔しくて溜まらなかったのです。
それを思い出して、このセリフが出るたび嫌な気持ちになってました。
読んでいてこのセリフは大事なセリフなんだとわかるので、
加納さんの本との相性は悪いんだなぁと思ったり
最後には気にならなくなってたんですけどね~。

トランジット・パッセンジャー
羅針盤のない船
笹の宿
空っぽの箱
ダイヤモンド・キッズ
待っている女
ささらさや
トワイライト・メッセンジャー
スポンサーサイト
バーティミアス サマルカンドの秘宝 | HOME | さらわれたい女
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/204-eb3ef486














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。