・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
アクロイド殺人事件 2007/11/27

   


色んなタイトルがある本(笑

実は昔の海外ミステリってとても苦手
捜査技術がどれほど進んでるのかとか知らないから
って思っちゃうのね

これはクリスティの代表作らしいですが、犯人、すぐわかりました
一旦覆ったので、やっぱ有名なのは違うなってのは思ったけど、
それもやっぱり覆って元通り・・・
そのまま終了
ちなみに確信したのはシェパード医師の手記で進んでいるという
事実がわかったとき。
ヒント。ほぼ答え

あまりのあっけなさに驚いて他の方の書評を読んだんですけど、
やっぱり代表作なだけあって評判はいいですねぇ。
そもそもこのトリックってそんなに珍しいのかなぁ
もちろん、この時代に読んだのなら別だけど・・・。

トリックを絶賛している方はミステリを
あまり読まない方なのかもしれませんが
あと気付いた上で、この時代にこれが書かれたのはすごいと
絶賛してる方もいましたそれは納得


最後、犯人が自分のあることを褒めているけど、
そこがあまりにも不自然だから私は気付いたんだけどなぁ(笑
もちろんそれだけではなくこの人以外ありえないと思ったけど。

それに、いくら時代が古いといっても、この犯人が行った工作は
すぐにバレるはずでは逮捕は別としても。
好きな方には悪いけど、そんなわけであまり納得のいくものではなかったです。

今のとこ「そして誰もいなくなった」が好きです
スポンサーサイト
迷路館の殺人 | HOME | リアル鬼ごっこ
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/21-ce5cda1d














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。