・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
潤一郎新訳 源氏物語 巻1 2008/10/26

 

谷崎潤一郎訳。
今年は源氏物語誕生から、ちょうど1000年
というのをテレビで知り、読みたいと思ってたんです
だからミーハーなんですよっ(笑

調べてみると、一番人気の高い訳はこの谷崎潤一郎訳。
初心者には円地文子さんがおすすめされていましたが、
なかったので、こちらにしました。

初めて見る漢字がひとつやふたつではなく、
旧漢字がたくさんなのでちょっと苦労しました

誰の話をしているのか、時々わからなくなります
主語がないことのほうが多いので
脚注も飛ばして一定のペースで読むとわかりやすかったです。
ゆっくり読むと逆に混乱しました

最初の桐壺の章を読み、自分の読解で間違っていないか
ネットで確認し、間違っていたらやめるつもりでしたが
間違っていなかったのでとりあえず進みました。

でも、私の読解力のなさが原因だと思うのですが、
一気に読まないとわからなくなって、
読み直し・・・ということが多々あったので、
章ごとに一気に読まないとダメでした

本の読み方としてはおかしいんですが、
私はテレビを見ながら読書するのです
が、これはそんな読み方はとても無理でした

だから気軽に読める感じではなく、
本を読む時間を拘束されているような気がして、
あまり楽しく読めませんでした

私が借りてきたやつは昭和26年初版で、
旧仮名遣いで書かれていて(リンク先の仮名遣いがどうなっているのかは知りません)
余計読みにくく、私にはレベルが合いませんでした
でも意外にスラスラ読めたので、文章はうまいんでしょうね。

とてもじゃないけど、読破する自信はありませーん


源氏物語について調べたり、わかりやすい訳を読んでから
また挑戦したいなぁ~とは思っています




ちなみにこんな風に全ページに模様(?)入りでした
最初子供の落書きかと思いましたけど(笑
スポンサーサイト
理由 | HOME | 時のアラベスク
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/217-5a497c54














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。