・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
迷路館の殺人 2007/11/25

 

館シリーズ
ちなみに館シリーズは色々読んでるけど、読んだ順に書いてるわけじゃないです
感想を書けるほど覚えてないのもあるので
シリーズ中では3作目だそうです。
どれから読んでもいいようになってはいますが、
3作目までに関しては順に読んだほうがいいかもしれませんね
せめて十角館の次あたりに


館が迷路になってます(笑
よって考えるのめんどくさくってあんまり推理はしなかったんだけど、
途中で犯人がわかった
ドキドキしながら読み進めて行ったら・・・


せいかーい


イエーイイエーイ
と心の中で黙って興奮していたら・・・


ハズレー


でした

ミスリード自体は珍しいものじゃないです。
でも気付くかっつーの


これは鹿谷門実が書いた小説って言うとこがミソですね
ちなみに、これはないよっていう点もあるけど、小説なのでOK

生理の血がじゅうたんについてしまい、それを隠すために首を切ったぁ
無理やりすぎな感じはあるけど・・・。
ミステリにはよくあることです
スポンサーサイト
となり町戦争 | HOME | アクロイド殺人事件
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/22-6933f941














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。