・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
となり町戦争 2007/11/23

 

古本屋で、100円
話題になってた本だし、タイトルで気になっていたので買ってみた


簡単に言うと・・・

なぜか戦争が始まりました。
なにもわからないまま進みます。
なぜか恋愛に発展してしまいます。
最後までなんの説明もなくなにもわからないまま終わります。


あまりにもご都合主義が過ぎます
戦争が始まった理由を始め、全てのことに理由がつきません
意味のないことが多すぎて驚きの連発
こんなの出版しちゃっていいの自己満足に留めておくべき


大抵、一冊の本を読み終えるのに2~4日くらいですが、
これはあまりのつまらなさに10日かかりました
本を読むのに慣れていない小学生の頃でさえ
1冊にこんなに時間をかけたことないよ

読み終わったあとの喪失感はもう(笑

途中で何度投げ出しそうになったか・・・
一度最後の最後でおもしろくなった本を読んだことがあるので、
それを期待しましたが、本当に無駄でした


文章も下手。言い回しや比喩みたいのが多すぎてげんなりする。
登場人物もひどー・・・
語尾で特徴を出すのは小学生の発想だけど、まぁ一人だけなら許せる。
でも二人以上はいかんでしょ


実感のない戦争を描くという着想はいいけど、
戦争について掘り下げなさすぎ
大体自分の町との戦争、自分が関わっている戦争が実感できないってのは
ただのアホなだけだから、そもそもこの設定は失敗じゃないか
この構成で進めたいならせめてSFちっくにすべきでしたね
それなら多少ご都合主義でも許せるから。

長々書いちゃったけどこれでも足りないくらい
この人の本は二度と読みません。
スポンサーサイト
レイクサイドマーダーケース | HOME | 迷路館の殺人
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/23-4ad2cb20














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。