・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
古書店アゼリアの死体 2008/11/08

 

高校の頃は結構コージーミステリーという、軽いジャンルも
好きで読んでいたんですが、最近はダメだなぁ
最初っからつまらなかった。
海に向かって「バカヤロー」って・・・
作中でも書いてあるけど、古すぎる。
わかってるなら使うなよ~笑
結構長めだし、しょっぱなからげっそりしました

ストーリーがつまらなかったクール・キャンデー
高評価をつけたのは、ビックリさせてもらったから。
これもそれを期待して読み進めましたが、
何もビックリしませんでした

ただただ、つまらない話を読んでしまった
それに、登場人物のだぁ~れも好きになれる人がいなかった

どんでん返しはあります。
ブラックなどんでん返しはクール・キャンデーと似てはいるんだけど、
こちらはパンチが弱すぎるかな~・・・

伏線がちゃんとあって、ちゃんと納得できる繋げかたなので、
きっと悪くはないと思います。
ていうか、うまいな~と思います。
でもやっぱり軽すぎるので、好みですね~

私の場合、軽すぎて自分で犯人の目星をつけることすら
する気になれず、全く楽しめませんでした。
それに、誰が殺されようが驚かないし、
誰が殺されかけようが誰が捕まろうが、
常に少し冷めた気持ちのまま読み続けてました

コージーじゃないミステリがあれば、また読みたい作家さんです。
スポンサーサイト
1周年★ | HOME | ヴァージン・スーサイズ
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/232-c0a64dcd














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。