・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
間宮兄弟 2008/11/11

 

江國香織=恋愛作家のイメージが強かったので、
ずっと避けていた作家さんですが、
映画が気になっていたので初めて読んでみました

最初はほのぼのしているのですが、
だんだん残酷になっていき、嫌な気分になります
女性たちの間宮兄弟に対する評価がキツくて
一目見ただけでガッカリしたり、いい人だと思ってるのに
恋愛対象には全く考えなかったり。
でも、リアルでした

私と同世代の直美は全くリアルでなかったです。
古いな~と。セリフもだけど、全体的に。
中途半端に「イマドキ」ぽさを出してて、変
若い人は描けない作家なのかなと思いました。
年代が違うからしょうがないかな

30の半ばにもなって親しい友人も恋人もなく、
兄弟でずっと一緒に遊んでいるような人とは
正直付き合いたくはないですが、読んでる分には憎めない。
外見で損をしているし、兄弟でずっと一緒っていうのは変だけど、
内面は純粋でいいやつだと思いました。

だからこそ冷たい女性に対して嫌な気分になり、
間宮兄弟に恋人ができてぜひ幸せになってくれと応援していましたが、
最後の最後で裏切られた気分です
恋をした弟が取った行動は普通に気持ち悪いです
あんなことをされたら、誰だってストーカーだと思うよ
内面を見てくれる女性に出会えていないだけだと思っていたけど、
今まで恋人ができなかったのは当然だと思いました。
結局、自分の気持ちしか考えてないもんね

それ以外はなかなか楽しかったのですが、
兄弟自身は何も変わらないまま終わったので、
少し消化不良な感じがありました。

兄弟に関わった女性は変化しているけど、
私は主人公の兄弟の変化を期待していたので

映画は観たいと思ったけど、他の江國作品は
別に読まなくていいかな、という感じ。
スポンサーサイト
真珠の耳飾りの少女 | HOME | スノーグース
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/234-26152b51














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。