・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
四人の女 2008/11/18

 


パット・マガー3冊目なのでワクワクしていたんですが、
ちょっと期待はずれでした

四人の内、誰が殺されるのかを推理するのですが、
最初から前妻は、壊れたテラスで殺人を計画していると
見抜いているにも関わらず、そのことを誰にも言わない
普通、これくらいのことサラッと言いません
壊れてるから近づかないほうがいいと一言言えば済むのに、
何を悩んでるの

誰が殺されるのか、その理由もわかりました
読んでいると4人への殺意の動機がどんどん出てくるので、
その度にこれが理由かなと考えていればわかっちゃいます。
それもすごく自信を持って確信しているわけではなく、
他と比べたらこれだろうなぁ・・・という程度の理由だったので、
当たっていたからと言って特に満足感はなかったです

それに最後の最後の結末も読めてしまいました

でも退屈だった前半に比べ、後半はおもしろくて
一気に読んでしまったので、読後感はさほど悪くないです
ミステリとしてはイマイチですが・・・

登場人物のほとんどが「はぁぁ~」と思ってしまうような
理解しがたい人物ばかりなのですが、
意外とそこが楽しめました
スポンサーサイト
漆黒の王子 | HOME | 奇人たちの晩餐会
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/237-1ef1a530














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。