・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
ニュー・シネマ・パラダイス 2009/01/04

 


まさに古き良き時代って感じ
古い映画なので、映像もそんなに良くないのですが、
逆にそこが雰囲気出てて良かったです

トトと、老人のアントーニオの絆がすごくいい
最初に出てくるトトはもうおじさんになっていて、
親が何度連絡しても30年も家に帰っていないそうで、
なんて奴だと思っていたのですが、
最後のほうで理由が明かされるんです
それを知ったときは軽い衝撃でした~


ビデオやテレビの普及によって映画館の取り壊しが決まり、
爆破(?)するときは私までショックで泣きそうでした。
役者もすごく良かったです
主人公2人はもちろんなんですが、
脇役の人もみんなとてもいいです

ただ、トトは青年時代、エレナと出会って恋をするのですが、
そこが余計ですごく邪魔だと思いました。
DVDで観てたら飛ばしたかも。(先日、テレビで観たので)
恋をするのは必要だったかもしれませんが、
別に付き合わなくて良かったんじゃないって・・・。
早く先を観たかったのでイライラしました

だけどそれでも良い映画だと思ったので、
私と映画の好みが似てる人けど
ラブストーリは嫌いじゃないって人が観れば、
相当良い映画と感じるかもしれませんよ


50分くらい短いやつもあるみたい。
50分って、相当カットされてますね・・・
エレナの話がほとんどカットされてたら嬉しいので、
こっちも機会があれば観てみたいな~と思ってます。
でもエレナ以外にもいらない部分は確かにありました


 カット版。
スポンサーサイト
強く印象に残った本―2008 | HOME | 童話物語
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/249-ba3a39c6














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。