・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
双頭の悪魔 2008/12/14

 

有栖川有栖はどうも好きになれないと思っていましたが、
これはなかなかおもしろかったです

どんでん返しがないのは残念でしたが・・・。
もっと意外な犯人だったらなぁ
動機もちょっと弱いですし、トリックもそんなに
すごいとは思いませんでしたが、
本格でそんなのは二の次なんで別にいいです(笑
一応納得はできましたし


「読者への挑戦」がある本ですが、
長いので挑戦する気にはなりませんでした
というか、挑戦しようと思うタイプの本ではなかったです。
私にとっては。
というか、「読者への挑戦」がある作品に限って
挑戦しようと思えないのですけどね

でもアリス側で起きた殺人事件の犯人はわかりました。
動機やアリバイは特に考えませんでしたが、
考えなくてもこの人じゃないと不可能だろうなってので
理由は「職業」。
大方の人はこれだけでわかると思います


シリーズ物ですがその前のは読んでません。
あとがきで書いてあるように、
読んでいる必要はありませんが、
読んでいないとよくわからない記述が多かったです。
だから読んでからのほうが良かったかもしれません
スポンサーサイト
症例A | HOME | 贋作師
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/251-d5e02a31














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。