・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
椿山課長の七日間 2008/12/22

 


タイトルからしてコメディなんだと思って観ました。
そういえば数年前話題になってましたね
内容まで覚えてなかったけど

もっさいおっさんがスタイル抜群の美女として
生き直して、しかも男に抱かれそうになるとこなんか
笑えるし、コメディ要素も盛り込まれてるんですけどね

でも、それがこんな感動作だとは
いつ親が入ってくるかわからないので泣きませんでしたが、
何度も泣きそうになりました

よく考えると、現世に未練のある死者が期限付きで
生き返るというストーリーに目新しさはなく、
むしろ陳腐でさえあるんですけど。
それぞれのキャラの個性ですかね役者かな
若干感じる古くささが逆に良い感じでした


椿山課長は人の良さそうなおっさんで憎めないので、
妻が夫の部下と不倫していたことは
私もショックだったのですが、椿山にも他に好きな人がいたので、
少し安心しました


主人公やヤクザが現世に戻った理由はわかるんだけど、
子供だけどうしてもしっくり来ません。
本当の両親にお礼を言いたいというだけ
その程度で戻れるなら、3人しか戻れないというのは
おかしいと思いますね~。
他の人、どんだけ未練ないの(笑
そこだけ疑問&違和感が残りました。

あととってつけたようなラストも残念。


演技でいいと思ったのは成宮くんと西田敏行くらいですが、
(成宮くん、今まで興味がなかったけど演技上手なんですね
全員がハマり役だな~と思いました
伊東美咲がいいと思ったのは初めてかもしれません



 原作は浅田次郎。

これも読んでみたいです
スポンサーサイト
K・Nの悲劇 | HOME | イン・ザ・プール
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/254-eaef181a














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。