・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
破線のマリス 2008/12/23

 


乱歩賞受賞作。信じられない

半ばくらいまで死ぬほどつまらなかったです。
主人公に感情移入できないのと、
内部告発ビデオに興味を持てなかったのと。

家族(旦那だけならともかく、子供まで)を捨てて
仕事を取るという人がそもそも嫌いです。
しかも悩まずあっさり捨てたように書かれているので、
ますます嫌い。
それ以外でも全てにおいて女とは思えないんですよね
前に読んだ魔笛でもそうだった気がします。
「作られた人間」という感じ。


読むのやめようかと思うほどの苦痛でしたが、
半ばを過ぎた頃から急におもしろくなってきました。
ほんの一瞬だけ、ななめ読みしていた前半が
もったいなかったかなぁ~・・・と後悔したときもありました。


でも、すぐにまた苦痛へ戻っていきました

最後、色々あったから主人公が精神不安定になって、
精神が暴走してしまったのは理解できます。
考えれば理解できるけど、文章からは伝わってきません。
だからものすごく突飛で、咄嗟には理解できない


そして最後の最後がまた最低・・・
読者の意表をつくという点では成功してるかもしれません。
でも、無理があるし、くだらないです

前に読んだある有名作家の推理小説で、
犯人は猿。猿の運動能力なら人間にできない犯罪が可能。
というオチがありました。続き読むのやめました。
あのとき感じた気持ちに似ています


文体も嫌いだなぁ。
文章が下手というわけではないけど、
読んで楽しいという感じが全くしませんでした
スポンサーサイト
イン・ザ・プール | HOME | 狐笛のかなた
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/258-2154e75f














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。