・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
強く印象に残った本―2008 2009/01/01

あけましておめでとうございます

去年読了して特に印象に残っている本をピックアップしてみました
・・・本当は31日中に「今年」として更新したかったのですが、
TV観てたので無理でした


いくつかピックアップして、省いていったら11冊だったので、
どうせならキリの良い10冊にしてみました~

でも、並びはランキングではありません
最近読んだ本のほうが、印象に残っていると思うので、
つけられませんでした



 告白 町田康



 青い鳥 重松清



 ぽろぽろドール 豊島ミホ



  模倣犯 宮部みゆき



 この闇と光 服部まゆみ



 アブダラと空飛ぶ絨毯 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ



 殺人症候群 貫井徳郎



  クロスファイア 宮部みゆき



  黒祠の島 小野不由美



 夏と花火と私の死体 乙一




ここ半年くらいで本の好みが大きく変わったな~と思います
ちなみに2,3年ほど前はミステリしか読まないってくらい偏ってました
誤解しないでほしいのですが、相変わらず
本格ミステリ・どんでん返しは大好きです
大好きだけど、良質の物に出会うのが難しいジャンルなのかな

今は、作品・文体の雰囲気や、登場人物への感情移入の仕方で
評価が随分変わってきたかな~、と。
雰囲気が好きになれると登場人物も好きになれるんですよね
前は主人公に感情移入すること自体あまりなかった気がします。
ストーリーばかり追って世界観は無視していたのかも

だから、前よりも読書が好きになりました

今年もたくさんの本を読みたいと思います
読む本のジャンルももっと幅を広げてみようと思っています。

今年もよろしくお願いします
スポンサーサイト
ガラスの麒麟 | HOME | ニュー・シネマ・パラダイス
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/263-8449710a














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。