・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
そうか、もう君はいないのか 2009/01/10

 


何やら話題のようなので。
珍しく、流行にあまり遅れませんでした
それでも出版は1年前ですけど。
でもドラマより先に読めたので良かったです


城山三郎という名前を聞いたことさえなかったのですが、
結構すごい作家さんなんですね
首相と対談するほどの・・・


結構淡々としているのですが、奥様を大事に想っていた事は
十分に伝わってきます。
奥様のことを天真爛漫で素敵な方に書いていて、
ノロケと取れる感じ

病気になる以前の話も、なかなかおもしろいです
すこ~し恋愛小説のようになっているのですが、
恋愛小説が大嫌いな私でも、読んでいて全然嫌じゃないです。
むしろ楽しかったです時代のせいでしょうけどね。


終わり方が、区切りはいいけど少し唐突な感じだったので、
少し戸惑い気味でしたが、娘さんの手記を読んで納得。

これって未完成なんですね。
奥様が亡くなって間もなく書き始めたようです。
7年程かけても未完成だったというのが・・・

130ページちょいなんです。すごく短いんですよ
それを7年もかけてやっと書いたんだと思うと・・・
淡々としているけど、本当は書くのものすごく
辛かったのではないでしょうか

なので、娘さんの手記あってこそのエッセイだと思いました。
(悪い意味じゃないです)

ただ娘さんたちは、城山さんにも
亡くなった奥さんが末期ガンだということを
伝えていなかったそうなのです。

憶測だけでは、大丈夫かもしれないという希望も抱いていたはず。
告知されていたら覚悟ももう少し決まり、
奥様の死を受け入れられたのでは、と思ってしまいます。

娘さんたちなりに思いやってのことだとは思うんですが、
なんだか可哀相だなぁと感じてしまいました
スポンサーサイト
空中ブランコ | HOME | 晩鐘
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/266-e5e2979b














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。