・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
死亡推定時刻 2009/01/20

 


評判が良いみたいなので買ってみました

文章が下手すぎて大幅にマイナス
心理描写なんかすごいですよ
全部直接的すぎる
恐い、悲しい、とだけ、そのまま書いています

やってもいない殺人事件の取調べを受け、刑事の戦略で
容疑者にどういった感情の変化があるのかは
わかりませんが、この昭二という男は
ただの馬鹿にしか思えないのです
心理描写があまりにも下手すぎるから。
飛躍しすぎているように感じるので、わざとらしいんですよね。

だから、本当なら自白を強要する刑事に腹が立つはずなのに、
私は昭二の馬鹿さ加減に腹が立ちました(笑

宮部さんや貫井さんなら違和感なく書くんだろうな~
と思ったり

それに説明調の文体はしょうがないとしても、
セリフまで説明調にしなくていいじゃない・・・

読者に訴えかけている感じなので、もしかしてわざとなのかな
と逆に思ったりもしたんですが、どっちにしろ私にはマイナスです。


ですがストーリーだけなら興味深い話なので、
もっと作者に筆力があれば3つか4つくらいにしたかもしれません。
冤罪って、結構無理やり作られているんですね

一部の人にネタバレ↓
映画「それでもボクはやってない」にかなり似ています。
事件は痴漢と殺人なので全然違うんですが、展開も似てる。
なので私は結末が読めてしまいました
スポンサーサイト
バッテリー Ⅰ | HOME | きれぎれ
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/271-9b14da6d














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。