・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
鎖 2009/01/31

 

やはり私は単純だった
おもしろい本に出会ったら、ほんの数日前の
読書鬱(笑)がすっかり治ってしまいました


音道貴子シリーズです。
このシリーズ結構読んだ気がしてたけど、
ちゃんと順番に読んでたみたい。
「凍える牙」「花散る頃の殺人」で、この「鎖」。
なので3作しか読んでないということでした

これは凍える牙を読んでからのほうが入り込めますよ
花散る~は確か短編集なので飛ばしてもいいかと。
私は読んだのかなり前だけど意外と覚えてたので良かった
でも久々だったので思い出したのは滝沢のことだけ
それで十分でしたけど。


やはり心理描写はさすがだなー
こっちまでイライラハラハラしまくりでした
もちろん、いい意味でね

情景も浮かびやすいのでリアルに感じられる。

犯人の一味、中田が貴子に心を開いていく様子も自然なので、
いつしか私も中田を哀れに思うようになり、
負けないでと応援するようになっていました。

それでもやはり犯人側の人間で、
犯人を裏切るわけではないので貴子も半信半疑なのですが、
最後にああいう結末になって良かったです


ちょっと救出するまでが長すぎてもどかしい感じはあるのですが、
でもあの辺りのシーンは感動的で目が潤んでしまいました。


貴子が監禁される原因となった相棒の星野は超最低クズ
滝沢たちに、もっと精神的に立ち直れないくらいに
痛めつけてやってよと思ったくらい嫌い(笑
女性ならきっと私の気持ちわかってくれるはず
最後なんてまた嫌味言いに来やがったもんね
いや、本当は謝るつもりで来たのに、
恋人といるのを見てまた幼稚な嫉妬心が湧き出たに違いない


シリーズ続編はもちろんなんだけど、
凍える牙もまた読み返したいです。
スポンサーサイト
さくら日和 | HOME | ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/272-675a537f














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。