・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
長い長い殺人 2007/12/01

 


動物視点で描かれている小説は多々あるけど、これは財布


最初のほうはいいんですけど、財布が語り手になっているせいで
萎え萎えになってしまうことが何度かありました
特に最悪なのは強請り屋と目撃者の財布
ちゃちすぎて宮部さんが書いたなんて思いたくないです
財布同士の会話にはどん引き
10種類の財布にそれぞれ個性を出そうなんて、
さすがの宮部さんでも無理があったんじゃ・・・


まぁ、強請り屋と目撃者以外ならフツーに読めたんですけどね。
保険金殺人を題材にしてるから、財布視点って言うのはうまいと思うし
斬新だけど、そのせいで三文小説に成り下がってしまった気がします
おふざけ感と人間の真剣さがマッチしなくてチグハグな感じ。


ストーリーはすごくいいのに・・・。
犯人はこいつらしかありえないと思っているのに、
色んな視点からの話があるせいで真犯人が他にって思ったり、
やっぱり犯人はこいつらだと思ったり、
飽きずにラストを楽しみに読めました
それだけに残念でなりません


奇抜さで話題性を狙おうとしたのかなって思ったりしちゃいました
普通に三人称で書いて欲しかったです一人称でもいいけど。
スポンサーサイト
レイクサイド | HOME | おかしな先祖
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/29-052591b7














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。