・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
百舌の叫ぶ夜 2009/03/04

 


テロ物は好きではないのですが、
これはかなりおもしろかったです

サスペンスだけど、ミステリっぽさもあります
かなりヒントがあるので、百舌の正体だけはわかりました
当たったときの爽快感はやっぱ気持ちいいですね
突飛な考えではありましたが(笑


時間軸がめまぐるしく変わるのですが、
読みにくさや混乱はありませんでした。

だけど、誰が何をしてそうなったか、
というのがわかりにくかったです。
読み返してもわからなかったり・・・。
勢いのある場面なのでスピード感を出すために
簡潔にしたのかもしれませんが、
勢いのある場面だからこそわかりやすく書いてもらわないと、
勢いが殺されてしまうので残念でした

これがなければ、4つでした

逢坂剛さん、もっとたくさん読んでみたいと思います。
これはシリーズ第一作らしいです。
二作目はどれかな~と検索していたら、ショッキングなことが
ネタバレってほどじゃないんだろうけど。
美希が、倉木美希と紹介されている・・・・・・
てことは、倉木と結婚したってことね・・・
読む前に知りたくなかった
けど、今作では美希が倉木と結ばれたがってるっぽいとこが、
なんだコイツって悪印象だったので、
次に繋がっているなら多少納得はいくかもです



ちなみに続きは

・幻の翼
・砕かれた鍵
・よみがえる百舌
・鵟の巣

の順になるようです。
百舌シリーズの序章的作品で「裏切りの日日」というのがあります。
あらすじを読む限りだと、これを先に読んでから
百舌の叫ぶ夜を読んだほうが良さそうだと思いました。
スポンサーサイト
ダレン・シャン バンパイア・マウンテン | HOME | チーム・バチスタの栄光
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/294-e96d77e9














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。