・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
Yの悲劇 2009/04/04

 


私が読んだのは平井呈一訳です。
何度か言ったと思いますが、私は古典作品が苦手です。
でも、ミーハーなので読みました(笑
エラリークイーンは初めてです。
でももう一冊持ってます


古い作品ってどうしても「ズレ」があるので、
そこが苦手なんです。
登場人物たちのリアクションとかね。


これは動機はともかくよくできた推理小説だと思うんですが、
やっぱり私には馴染めなかったです。

事件の解明の部分だけは
少し楽しめましたが。


終わり方も納得がいかないです。
犯人がどうして最後にああしたのか、
それを尋ねても探偵役のレインは答えません。
で、そこで終わり・・・

変だし嫌な終わり方でした
気になるんですけど~
スポンサーサイト
蒲生邸事件 | HOME | 家日和
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/314-a8a365c5














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。