・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
聖女の救済 2009/04/14

 


ガリレオシリーズなのであまり期待していなかったのですが、
これは「推理小説」としてかなり良かったです


犯人はわかってるんだけど、
どうやって殺したのかがさっぱりわからないんです。

それがワックワクして楽しかったです
謎もあまり理系じゃないので、
私でもわかりにくいとか読むのめんどくさいってのもなくて
(でも、それなら湯川出さなくても、という気はしますが)


ラストでは聖女の救済というタイトルも納得~
「聖女」ではないけども。


実は途中まで短編だと思って読んでいました
150ページくらいでやっと気づきました
長編とは思えないくらい心理描写が浅いのです。
だから最初に、短編はこれだからなぁ
とダメ出ししていました(笑

長編ならもっと心理描写や人間関係などを
掘り下げても良かったと思います。

事件そのものはおもしろかったけど、
それ以外では何もおもしろくなかったです。

私は不倫の話が大嫌いで、しかも奥さんの弟子が相手なんて、
ムッキーとなって奥さんに同情するところですが、
不倫夫にも寝取り弟子にも腹が立ちませんでした

それほど平べったいんです。


東野さんの近年の作品はどうもそういう部分がつまらないです。
スポンサーサイト
寝ずの番 | HOME | うつくしい子ども
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/318-a586b370














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。