・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
倒立する塔の殺人 2009/05/05

 

著者:皆川博子


タイトルに惹かれ、皆川さんも気になっていた作家さんなので
読んでみましたが、私には合わなかった

どうも私はミッションスクールとか、ダメな気がします。
前にミッションスクール自体は出てこなかったけど、
登場人物の中に通っている人がいて、
それがなんとなく嫌だった気がするのですが、
(どの本かは忘れたけど)
今思うとこれだったのかな・・・と。


ただでさえ苦手な世界観で集中できないので、
現実なのか架空の小説(作中作)なのか
よくわからなくなったり、
いつの話を誰がしているのかわからなくなったりして、
ますますおもしろくなかったです。


とにかく集中できなかったなぁ

タイトルからして殺人事件メインかと思っていたので、
それもちょっと拍子抜けでした。


でも耽美な雰囲気があるので、好きな人は好きだと思います。
スポンサーサイト
夜光の階段 | HOME | その日のまえに
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/328-99fc2c73














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。