・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
ななつのこ 2009/05/09

 

著者:加納朋子


加納さんの、のん気な雰囲気の作品は無理
イライラするよぉ~
平和すぎて何もおもしろくないのです。

多分、加納さんを好きな人が評価する部分が
私には合わないんだと思う。。
軽く書いてる感じがほのぼの優しいのでしょうけど、
私は全く楽しくないです。
退屈で退屈でしょうがないです。

そして鋭すぎる推理はもっとムカつく
言ったそばからひらめいちゃって、自信たっぷりで


この作品はどんでん返しがあるとどこかで聞いたので、
結構前に買ったのに今まで取っておいたのですが、
どんでん返しってこれかよぉ~
と、かなり落胆するようなものでした

はっきり言って途中でやめたいくらいつまらなかったのですが、
どんでん返しを期待して頑張ったのに・・・。

正直、あることが明らかになった時点ではなんの衝撃もなく、
しばらくして「あれ?もしかしてどんでん返しって、これ・・・?」
と気づいた感じでした

でも、楽しく読んでいた人には嬉しい驚きがあるかもしれませんね。


加納さんはたまに当たりがあるんですが、
主人公は絶対好きじゃないし、
登場人物たちについての背景も全くおもしろくないので、
やはり私には合わない作家さんなんだなぁと、
しみじ~み思いました。


いくら安くたって、一般的には評価されてる作家だって、
読んだことのない作家のまとめ買いはもう絶対しません
ホント馬鹿だったなぁ
スポンサーサイト
十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA | HOME | 盗神伝 Ⅱ・Ⅲ
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/332-667ad472














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。