・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
マドンナ 2009/05/20

 

著者:奥田英郎


普通(笑)
読みやすいんだけど、どれも主人公が
中年のサラリーマンなので、
残念ながらあまり感情移入することができず・・・

つまらないってことは全然ないんだけど、
心に残ることもほとんどないです。
男性向けだと思います。


マドンナ
部下に片思いする中年の話なのですが、
奥さんが勘が良くて、惚れた相手まで見抜いてしまうのです。
でもそれで嫉妬に怒り狂ったりするわけではなく、
その対応が私の理想というか・・・
こんな夫婦、いいなぁって思いました

ちなみにメインの話は部下への片思いですが、
子供っぽくて引きつつもおもしろかったです。
けど、私的には奥さんが良かったです


ダンス
総務は女房
特に思ったことないです
悪くはないけど。


ボス
この話だけイライラしながら読みました
主人公の上司(部長)として、女がやってきた。
この女が、仕事を効率よくするために色んな規則を定めてしまうのですが、
こんなガッチガチな規則じゃ、仕事する側としては迷惑なんじゃ・・・。
かえって部内の雰囲気が悪くなってしまう気がします。

それに自分のために規則を設けているし、
ずっと反発していた主人公がなぜそれで許してしまうのか意味不明。
普通だったら怒りませんか

ほんわかしたラストに納得がいきませんでした


パティオ
これはジ~ンと来ましたねぇ、なんか。
私が祖父母っ子だからかもしれません。

主人公は職場(?)に読書をしに来る老人と自分の父親を
ダブらせてずっと気にかけてるんですが、
その老人とのやりとりがなんだかとても良いです。
まるで恋してるみたい(笑

実父のことも切ないです。
老人たちの家庭菜園が壊されちゃうってのが・・・。
せっかく拠り所にしていたのに
生臭坊主め
この家庭菜園の持ち主である生臭坊主をなんとかしてほしかったなぁ
スポンサーサイト
ぼくらの七日間戦争 | HOME | 凶夢など30
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/338-bd4d929b














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。