・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
試験に出るパズル 2009/05/14

 

著者:高田崇史


どこかで森博嗣が解説をやっていると知り、
内容よりもそっちに興味が湧いた作品です(笑


内容はパズルというより論理クイズですね。
論理クイズを小説にしたみたいな感じです。
論理クイズ好きな人にはいいかもしれません。
私は小説でやるものではないな、と思いましたが・・・。

コミカルなのでそう気になるわけではないのですが、
嘘しか言わない子、ましてや嘘と真実を交互に言う子が
現実にいるはずないですしね(笑

推理は結局間違っていたけど、導き出した答えが
真実とは一致していたなんてのもちょっと
クイズに興味のなかった私には、
なんのために読んだんだろう・・・って思いました


でもところどころくすりと笑えて、なかなかおもしろかったです。
これは登場人物たちが良かったからでしょうね~。
友達や親戚たち、みんないいキャラです。
キャラが好きになれなければもっと酷評してたかも(笑


これはシリーズ物の第一弾らしいのですが、
機会があったら読みますが自ら進んでは読まないかな。


最後に、ぴい君の本名を推理できると知り、ショック
答えがないので、自分で考えなければなりません・・・。
ちょっと考えてみます


そんで森博嗣の解説はまぁまぁおもしろかったです。
スポンサーサイト
心とろかすような―マサの事件簿 | HOME | 四畳半神話大系
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/339-64c95b90














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。