・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
転生 2009/05/18

 

著者:貫井徳郎


作者買いでストーリーは知らなかったのですが、
あらすじ読むと東野圭吾の「変身」そっくりですね

中身も似ています・・・いいのか
ドナーが偽者であったりするとこも一緒だし・・・。
あと絵画、音楽の才能に関しても。
恋愛で悩むのも。


貫井さんにしては軽めです。
そして貫井さんにしては心理描写が浅いです。
「変身」は東野圭吾が好きなときに読んだので、
今読んでどう思うかはわかりませんが、「変身」のほうが良かった。
(でも「変身」は大好きで3回くらい読みました)

一喜一憂することなく終わってしまいました。
脅迫電話のときにほんのちょこっとハラハラした程度。
それもあまり切迫感なかったし。

相変わらず文章は読みやすいしテンポもいいけど、
ストーリーはいまいちでした。


「変身」を読んでいるせいか、先が読みやすかったです。
スポンサーサイト
四畳半神話大系 | HOME | ぼくらの七日間戦争
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/340-1972ad32














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。