・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
ノルウェイの森 2009/06/04

  

著者:村上春樹


やっとこさ読みました
買ったの何年前だろ?
なんでそんなに放置していたのかと思うほど、意外と短かったです。

読んでみて、本多孝好が春樹チルドレンといわれているのに納得。
パクリといっていいくらい似てる気がする。
伊坂幸太郎は似てるとは思わなかったけど。


村上春樹を読むのは実は初めてです。
なぜか真面目一辺倒なイメージがありましたが、全然でした(笑


こんなに周りの人間が死んでばっかりなのもおかしいし、
永沢みたいな男はともかく、主人公みたいな人が簡単に
女を引っ掛けて抱くってのもなんか変・・・。

周りの女ともすぐそんな風になるし。
寝るとか抱くとかしつこすぎ
この本の大半は性描写とかそういう話です。

もっと控えめだったら良かったのに。


魅力的だと思える人もいませんでした。
レイコさんが唯一まぁまぁだったけど、
最後のほうで思ったとおりああなるし。


でも先が気になって読み始めると一気に読んじゃいました。
ただ何かを感じる前に、性描写など私からすれば
必要のない話が出てくるので、またかと思って気持ちが反れてしまいました。

こういう内容で性的なシーンがあるのはごく自然のようには思いますが、
これはあまりにも多すぎです。


そしてそれよりも気になってしょうがないのが
最初のエピローグの意味がわからない
まぁ私にはこの本の世界のほとんどがわかりませんけど。

終わり方にドキッとさせられたので(終わり方が好きかはともかく)
一応3つ。
スポンサーサイト
グロテスク | HOME | ジェルネイル・バイブル ソークオフジェル
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/349-d8a8b8ea














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。